北大西洋条約機構国会議員会議 (NATOPA)

リンク

NATO Parliamentary Assembly

NATO


日米欧総合安全保障議員協議会

TOP

概要

役員

会員名簿

規約

最新情報

勉強会

今後の予定

会報

会員ホームページ

北大西洋条約機構国会議員会議
(NATO-PA)

概要

交流実績




北大西洋条約機構国会議員会議

          (NATO PA)の概要

(North Atrantic Treaty Organization Parliamentary Assembly)





北大西洋条約機構国会議員会議

(NATO PA)の概要

(North Atrantic Treaty Organization Parliamentary Assembly)




平成27年7月1日

1 設立経緯及び目的

 本会議は、同盟の政策や目的達成に必要な議員と加盟国国民との意見の一致を図るとともに、重要な安全保障上の問題の理解とNATOの透明性を確保することを目的にして1955年にNAA(議員評議会)として設立された。

 NATOに多大の寄与をしていることを強調するため、1999年に、名称をNATO-PAに変更し今日に至っている.





2 議員会議の組織及び運営


(1)加盟国等及び議員数

  冷戦終結前16ヶ国が加盟していたNATOは逐次東方拡大を進めて、現在は28ヶ国になっている。会議は加盟国が選出した257名の国会議員で構成し、常設委員会及び研究会を通じてNATOを更に充実発展させるため、準加盟国とオブザーバー参加国を含めて活動している。加盟国が差し出す国会議員数は概ね人口に応じて定められ任期は2年である。最大差し出し国は米国の36名で、以下、英・仏・独・伊の18名等となっている。


○ 加盟国(Member Countries): 28ヵ国、257名

 米、英、仏、伊、加、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、デンマーク、ノルウェー、ポルトガル、 アイスランド(原加盟国12ヶ国)、トルコ、ギリシャ(以上2ヵ国、1952年加盟)、独(1955年加盟)、スペイン(1982年加盟)、ポーランド、チェコ、ハンガリー(以上3ヵ国、1999年加盟)。エストニア、ラトビア、リトアニア、スロバキア、スロベニア、ブルガリア、ルーマニア(以上7ヵ国、2004年加盟)。アルバニア、クロアチア(以上2ヵ国、2009年加盟)。


○ 準加盟国(Associate Countries):13ヵ国、66名。

 1990年以降、東欧及び北欧からの準加盟国の会議参加が認められ、活発な言が行なわれている。なお、新規加盟国は準加盟国から選ばれて来た。アルメニア、オーストリア、アゼルバイジャン、フィンランド、グルジア、モルドバ、スウェーデン、スイス、マケドニア、ウクライナ、セルビア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、モンテネグロ


○ 地中海準加盟国(Mediterranean Associate Countries):4ヵ国。

 アルジェリア、イスラエル、ヨルダン及びモロッコ


○ EU議会等(European Parliament Delegations):EU議会代表


○ オブザーバー参加国等(Parliamentary Observer Nations):7ヵ国。

 日本、エジプト、パレスチナ暫定政府、チェニジア、カザフスタン、豪州、韓国。


○ 会議・機構等代表(Inter-Parliamentary Assembly Delegations):PACE、OSCE



(2)組織及び運営

 ア 組織は、会長及び4人の副会長と各国の団長で作る常設委員会で構成されている。本部をブリュッセル市に置き事務総長が統括するインターナショナルな30名のスタッフで組織する事務局を持つ。事務総長は常任委員会が指名し会議活動全般の計画作成と推進管理に当たる。

 イ 定例会議は毎年、春と秋(年次総会)の2回、加盟国の持ち回りで開催される.

 ウ 運営資金は加盟国の議会と政府の支出により、NATOとは分離している。



(3)委員会及び小委員会

 議員会議には5個の委員会(Committee)と8個の小委員会(Sub-committee)がある。

  ア 民生安全保障委員会(Security of Civil Dimension Comm.)

  イ 防衛・安全保障委員会(Defense and Security Comm.)

  ウ 経済・安全保障委員会(Economic and Security Comm.)

  エ 政治委員会(Political Comm.)

  オ 科学技術委員会(Science and Technology Comm.)


3 ローズ・ロース、プログラム(Rose-Rorth Program)

  ローズ議員とロース議員が提唱した「平和のためのパートナーシップと共同」に関するプログラムである。

  主として、旧ソ連ブロック諸国に対して政治と経済再建を模索・実行し、関連国会議員との良好な協力関係を醸成して民主化を促進するものである。

  また、地域安保のセミナーや議会要員の訓練にも寄与して大きな成果を上げ、組織の拡大に貢献している。



4 日米欧総合安全保障議員協議会とNATO-PA

  当協議会は、NATO PAからの参加要請に基づく対応組織として昭和57年(1982年)に設立され、オブザーバー国として会議に参加している。設立以来、毎年総会に代表団を派遣し、また、訪日団等を18回迎えて相互理解と協力の実を上げている。最近では、2015年6月1日から同6日の間、ラマーズ元NATO PA会長を団長とするNATO PA政治委員会(PC)NATOパートナーシップ小委員会(PCNC)の訪日団20名が来日している。










NATO国会議員会議について(NATO PAホームページ)


 NATO国会議員議会は、北大西洋同盟への加盟国及び13ヶ国の準加盟国議員の各国議会間の組織であり、一連の安全保障、政治及び経済の問題に関する国際的な議会意見交換のため、重要なフォーラムを開催している。汎大西洋の協力に関する重要な安全保障上の問題について同盟議員の相互理解を促進することが主要な目標である。議会における討論やディベートは、同盟を確実なものにする議員間の合意形成に多大の貢献をしている。

 

防衛及び安全保障、特に現在の環境、議会議員の役割にNATO PAの目的をみることができる。

 

安全保障の概念が変質し、また、NATOが変革を行ってきたことが、防衛及び安全保障における議会の役割に新たな一面を与えている。加盟国は、支出及び「海外」展開の承認を含む防衛及び軍隊を監視し、同意を取り付け、透明性を確保し、国民の支援についてこれを獲得・維持するという従来の議会の役割についてよく整備してきたが、今日、これらの仕事は更に過酷な環境で行われている。軍隊の新たな役割と任務、防衛の改革とリストラに関する広範囲にわたる必要性、情報テクノロジーの革命、特に媒体への全面的な影響等々、これらすべては議会が更に深く関与して行かなくてはならない。

 

更に、軍隊の民主主義的な統制に必要なメカニズムと優先順位を確立するため候補となる国とパートナー国のコミットメントが、議会に大変重要な意味を持つことになる。



 このような背景から、NATO PAは次の目標を掲げている。

○重要な安全保障問題に関する議員間での対話の促進

○緊要な安全保障問題と加盟国の方針に関するの議会の認識と理解の促進

○NATOとその加盟政府に対する包括的な議会意見の提供

○NATOの政治、更に集団的責務に関する更なる透明性の確保

○汎大西洋地域の関係の強化

 

 これらは、議会の長年の目標であり、更に1989年以降に以下の項目が加えられている。

○非加盟国の議員の招集によるユーロ大西洋地域中での議会制民主主義の普及

○加盟国メンバーシップを強く求めている議会への直接的な援助

○コーカサスと地中海地方を含むメンバーシップよりもむしろ協力を求める国との協力関係の増大

○効果的な軍隊の民主的な統制のために不可欠とされる議会のメカニズム、実行及びノウハウの向上の支援



 これらの目標を達成するため、本議会は、会員議員と彼らの各国の議会に情報連絡拠点を提供します。また、本会議の活動により、各国の議会と国民が、加盟国の働きと方針に関し、より透明で理解しやすくしている。


 大部分の議会の資金は、加盟国の議会又は政府から提供される。これらの貢献は、NATO市民の予算のために使われる基準に基づいて拠出される。また、NATOも、助成金を拠出している。近年、議会のローズ-ロス・プログラムを支えるために、ノルウェーとNATOによる特別な貢献がなされた。他の多くの国は、特定のローズ-ロス活動を支持している。


 民主的軍事統制ジュネーブ・センターとスイス政府も、議会スタッフ及び議会の新メンバーの教育訓練に関連する議会活動を後援しているい。年間の予算は、300万ユ−ロであり、国際事務局の運営経費をカバーするのに用いられる。全国代表団は、議会活動において彼らのメンバーの参加に資金を供給する役割を果たす。議会の財務官は、財政の検討と適用を行う常任委員会と議会全体に提出される議会予算案作成の役割を果たす。本ウェブサイトにおいて、議会の5つの委員会、特別な専門調査委員会、セミナー及びヨーロッパと北アメリカ中で開催される年2回のセッションに関する情報が提供されている。また、議会の役員による貴重なスピーチや記事をみることもできる。