リンク

NATO Parliamentary Assembly

NATO


日米欧総合安全保障議員協議会

TOP

概要

役員

会員数

規約

最新情報

勉強会

今後の予定

会報

会員ホームページ

北大西洋条約機構国会議員会議
(NATO-PA)

概要

交流実績


概 要

                                                                                平成28年5月1日


1 設立

  日米欧総合安全保障議員協議会は、北大西洋条約機構国会議員会議からの強い参加要請に対する対応組織として、昭和57年(1982年)に設立され、初代会長に三原朝雄氏(当時衆議院議員)が就任し、第2代会長は伊藤宗一郎氏(元衆議院議長)、第3代会長は前田武志参議院議員が務めた。現在、中谷元衆議院議員が会長を務めている。

2 目的

  総合安全保障に関する日・米・欧の議員交流を通じて西側諸国との相互理解と協力を増進し、世界の平和と安全に資することを目的にしている。

3 組織

  この目的に賛同する国会議員をもって構成する超党派の議員協議会である。
   (自民党、民進党、公明党等計80名(28.5.1現在))

4 活動概要

(1)設立以来、目的達成のための研究会等を行いながら、毎年、秋に開催される北大西洋条約機構国会議員会議の総会に、オブザーバー国として代表団を派遣してきた。派遣の状況は、1980年11月の第26回年次総会(ブリュッセル)以来、2015年11月の「NATOPA秋期総会」(ノルウェー王国スタヴァンゲル市)まで54回の派遣を行っている。

(2)欧米からの訪日団の招請については、1980年5月のNAA議長ポール・テーネス代表以下8名の議員団の来日を始め、これまでに18回受け入れて相互理解と協力の実をあげている。当協議会の会員は、わが国の総合安全保障に関して党派を越えて国是を求め熱心な研究及び意見交換を行っている。

5 北大西洋条約機構国会議員会議(NATO Parliamentary Assembly)

  この会議は、NATO加盟国の幅広い分野における重要議題や問題点について、忌憚のない意見の交換を行い、各国国会と国民の意見を提供して北大西洋同盟の政策に反映させる場として1995年にパリで設立された。当初の名称はNAA(北大西洋議員評議会)であった。

  冷戦終結に伴い、NATOは東方拡大を進め加盟国を増やして来たが、NATOに寄与する組織である事を強調するため1999年6月にNATO Parliamentary Assembly(以降、「NATO PA」と呼称)と名称を変更した。

  本部をブリュッセルに置き、市民安全保障、政治、経済安全保障、防衛安全保障及び科学技術の5つの委員会と7つの小委員会を持ち活動している。

6 平成27年度開催のNATO PA総会

(1)2015年春季総会:5月30日(金)〜6月1日(日)の間にリトアニア共和国首都ヴィリニュス市において開催された。日本等のオブザーバー国からの派遣はなかった。

(2)2015年第61回年次総会:10月9日(金)〜11日(月)にノルウェー王国スタヴァンゲル市において開催され、2名を派遣した。

(3)2016年春季総会:5月27日(金)〜同30日(月)の間にアルバニア共和国ティラナ市において開催された。日本等のオブザーバー国からの派遣はなかった。

7 訪日団の受け入れ
  
  最近のNATO PA訪日団の受け入れは次のとおり。

(1)平成26年(2014年)6月16日(月)から同6月20日(金)まで、エリングセン氏及びクニップ氏を両団長とするNATO PA科学技術委員会(STC)のエネルギー及び環境安全保障小委員会(STCEES)及び経済安全保障委員会(ESC)の汎大西洋経済関係小委員会(ESCTER)訪日団29名が、東京において首相官邸、関係省庁、大学等との意見交換、また、岐阜及び神戸において防衛関連会社や大学等での視察・意見交換を行った。

(2)平成27年(2015年)6月1日(月)から同6月5日(金)まで、NATO PA政治委員会NATOパートナーシップ小委員会訪日団20名が防衛省、原子力規制庁、江戸東京博物館、海上保安庁、海上自衛隊、記念館三笠、外務省、総理官邸、当協議会等を訪問・するとともに意見交換を実施した。
  
8 当議員協議会の運営資金

  会費により運営している。