日米欧総合安全保障議員協議会


日米欧総合安全保障議員協議会

TOP

概要

役員

会員名簿

規約

最新情報

勉強会

今後の予定

会報


北大西洋条約機構国会議員会議
(NATO-PA)

概要

交流実績

NATO Parliamentary Assembly

NATO



             


日米欧総合安全保障議員協議会  NATO Parliamentary Assembly




28−1号


会報

平成28年度年次総会・記念講演実施報告




T 年次総会




(第一議案)「平成27年度成果報告(案)」


(第二議案)「平成27年度収支報告(案)」


(第三議案)「平成28年度事業計画(案)」


(第四議案)「平成28年度予算(案)」


(第五議案)「役員人事(案)」


U 記念講演




演題:『NATOと中国、主として安全保障の見地から』


講師:東京財団 研究員・政策プロデューサー  小原 凡司 氏


平成28年4月22日(金)12:00 〜 12:50


衆議院第一議員会館地下1階「第三会議室」



当日13時からの衆議院本会議を控えるなか、会員15名、代理者等17名の出席を得て、平成28年度年次総会・記念講演を開催致しました。
年次総会においては、5議案が審議され承認されました。
記念講演においては、ゲスト・スピーカーとして東京財団研究員・政策プロデューサーの小原凡司氏をお招きし、欧州とアジアにおける脅威認識及び中ロの動向、欧州・日本の安全保障協力等について大変示唆に富むご講演を頂き、また、意見交換も実施しました。
会員の皆様のご参考に供したく配布いたします。


             平成28年5月

               日米欧総合安全保障議員協議会
                事務局長 長島 昭久 衆議院議員




目次



東京財団 研究員・政策プロデューサー 小原凡司氏のプロフィール 1

☆ 司会挨拶(長島事務局長) 2

☆ 挨拶(長島幹事長) 2

T 年次総会 3

1.議案等説明 3
(第一議案)「平成27年度成果報告(案)」 3
(第二議案)「平成27年度収支報告(案)」 3
(第三議案)「平成28年度事業計画(案)」 3
(第四議案)「平成28年度予算(案)」 3
(第五議案)「役員人事(案)」 4
(報告事項)「役員・会員の状況及び会員数の変遷」 4

2.議案審議 4

U 記念講演 5

○講師の紹介(長島幹事長兼事務局長) 5

○記念講演 6

1.欧州諸国の脅威 6
(1)GLOBSEC2016 6
(2)欧州の脅威は東と南 6
(3)ロシアの脅威 7
(4)中国に対する認識 7

2.中国の「西進」戦略と「一帯一路」構想 8
(1)「西進」戦略 8
(2)米国に対する接近拒否戦略「A2/AD」 9
(3)「一帯一路」構想 10
(4)アメリカに対するコストの強要 10

3.米中間の緊張 11
(1)米中間の構造的緊張 11
(2)現実に直面する課題 11

4.欧州とアジア 12
(1)ロシアが始める新しいゲーム 12
(2)連動する欧州とアジア 13
(3)共通の脅威認識 14

5.欧州と日本の協力 15
(1)中東における欧州・日本の協力 15
(2)中央ヨーロッパでの日本のプレゼンス 15
(3)中国への対処 16

○意見交換 17

☆ 挨拶・謝辞 19




東京財団 研究員・政策プロデューサー


小原凡司氏のプロフィール




▼経歴

1985年3月 防衛大学校卒(29期)
1998年3月 筑波大学大学院修士課程修了、修士論文「中国の独立自主外交」
1998年8月 海上自衛隊 第101飛行隊長(回転翼)
2001年9月 防衛研究所一般課程(49期)
2003年3月〜2006年4月 駐中国防衛駐在官(海軍武官)
2006年8月 防衛省海上幕僚監部情報班長
2008年8月 海上自衛隊 第21航空隊副長〜司令(回転翼)
2010年2月 防衛研究所 研究部
2011年3月 IHS Jane’s入社 アナリスト兼ビジネス・デベロップメント・マネージャー
2013年1月 現職

研究分野・主な関心領域
外交・安全保障/中国

▼実施プロジェクト
現代中国
論考シリーズ「“Views on China”―中国の定点観測」
アジア太平洋地域の戦略アジェンダ

1




☆司会挨拶(長島事務局長)



お食事中の方はそのままお続け下さい。
本日はご出席いただき誠にありがとうございます。
それでは早速始めたいと思います。
会長、副会長とも外せないご予定があり、私、幹事長からご挨拶させて頂きます。

☆挨拶(長島幹事長)

本日は、東京財団の研究員で政策プロデューサーの小原凡司氏を講師にお迎えしております。
ようこそおいでいただきました。

さて、当協議会の年次総会・講演会に、ご多忙の中多くの会員の皆様にご出席頂き、ありがとうございます。
平成27年度は、4月には政策研究院大学院大学との共催により、当協議会から、三原会員、大野会員及び二宮次長等3名をベルギー王国ブリュッセルに派遣し、議員交流を実施いたしました。6月には、NATO PA政治委員会の訪日団22名の皆様が来られ、議員交流を行うとともに訪問団の東京お及び横須賀の各地の訪問等の支援を実施致しました。10月にはノルウェー王国スタヴァンゲル市で行われましたNATO PA年次総会に2名を派遣いたしました。平成28年度におきましても、NATO PA議員との交流、勉強会等を計画しておりますので、皆様には今後ともご協力のほどよろしくお願い申しあげます。

本日は、総会におきましては、皆様のご協力により約10分程度で議案を円滑にご審議いただき、総会終了後小原凡司氏から、『NATOと中国、主として安全保障の見地から』と題して記念講演を頂きます。小原先生、どうぞよろしくお願い申しあげます。その後、意見交換を行いたいと思います。



2




T 年次総会

本総会では、審議案件であります第一議案から第五議案及び報告事項をすべて報告致しまして、その後ご審議・ご採決を頂きたいと思います。

1.議案等説明

(第一議案)「平成27年度成果報告(案)」

成果の概要、第1項ですが「NATO PA年次総会への代表団の派遣及びNATO PAの議員との意見交換により、安保動向を把握し、わが国の安全保障政策の参考とすることができました」としております。第2項及び第3項は表示のとおりです。また、実施事項も表示のとおりです。

(第二議案)「平成27年度収支報告(案)」



(第三議案)「平成28年度事業計画(案)」

平成28年度事業計画(案)の方針は、例年どおりですが、「NATO PAとの交流を通じて安全保障の動向を把握しわが国の安全保障政策の参考とする」としております。
実施事項は表示のとおりです。今年度のNATO PA年次総会は、トルコ共和国イスタンブール市において平成28年11月18日から同21日に開催予定です。

(第四議案)「平成28年度予算(案)」



3




(第五議案)「役員人事(案)」

ご活躍頂いております役員の皆様に、平成28年度も役員を続投頂きたく再任をお願いするも
のです。役員の皆様には平成27年度同様、ご活躍をお願いしたいと思います。

以上で、議案の報告を終わります。


(報告事項)「役員・会員の状況及び会員数の変遷」

役員・会員の状況は表示のとおりです。最近4名の退会者があり本日現在丁度80名です。

会員数は、平成20年度以前では約150名を数えた時期もありましたが、最近では80名前
後の会員程度で推移しています。当協議会の更なる活性化のため、先生方の絶大なご協力も得て、当面100名を超える会員数を達成できればと願っています。よろしくお願い申し上げます。




2.議案審議

以上で5件の議案と1件の報告事項の報告を終わります。審議に移ります。

ご質問等ございましたら挙手の上ご発言下さい。(異議なしの声)

ないようでしたら、それでは、ご賛同頂ける方々から拍手を頂きたいと思います。
(大きな拍手)
賛同いただいたものと致します。

以上で総会における審議を終了し、総会を終わりたいと存じます。
円滑な審議へのご協力ありがとうございました。

4




U 記念講演

○講師の紹介(長島幹事長兼事務局長)

本日第2のスケジュール、勉強会に進ませて頂きます。



本日の講師は、東京財団 研究員・政策プロデューサーの小原凡司氏です。
講師のご経歴はお手元にお配り致しておりますのでごく簡単にご紹介させて頂きます。

小原氏は、防衛大学校をご卒業後、筑波大学大学院で修士課程を取得されました。海外勤務としては中国の防衛駐在官を約3年間されておられます。防衛省においては、海上自衛隊のパイロットとして飛行隊長、航空隊の副長等を経験されるとともに、海上幕僚監部、防衛研究所研究部でも勤務されておられ、退官後はIHI Jane’sに入社され、その後東京財団 研究員・政策プロデューサーとしてご活躍中です。研究分野等は表示のとおりで、中国、アジア・太平洋地域の安全保障等です。

それでは、『NATOと中国 主として安全保障の見地から』という演題でお話を伺います。
では、小原さん、どうぞよろしくお願い致します。



○記念講演
東京財団の小原でございます。過分のご紹介を頂きましてありがとうございます。
本日は、時間の制限もあり、また、テーマも欧州と中国という非常に範囲の広いものです。

1.欧州諸国の脅威

(1)GLOBSEC2016

4月19日までスロバキアで開催されておりましたLOBSEC 2016という会議に出席しました。

この会議では、グローバルな、世界的なセキュリティに関する問題を扱っています。

ヨーロッパの会議に参加しますと、アジアからの参加者は疎外感を感じるものです。今回も中国、マレーシア、インドネシア、UAE等が参加出席していましたが、「ヨーロッパの人たちと話をしてもなかなかアジアの動向等の認識がない」との発言が多く聞かれました。昨年11月にブリュッセルで開催された「フレンド・オブ・ヨーロッパ」の会議でも同様でした。

(2)欧州の脅威は東と南

中央ヨーロッパの大統領、首相、国防大臣、外務大臣等が参加していましたが、ドイツの国防大臣は、脅威に関し、「まずはロシアだ、しかし脅威は東だけではない」とキーノート・スピーチをしました。東はロシアを指し、また、南にも脅威がある、南というのは難民問題の根源である中東です。

このように、現在、ヨーロッパで脅威とされるのは、東と南の二方向であり、その脅威の範囲はロシアと中東までと考えています。

私から、大臣に「ロシアは、ヨーロッパだけではなく、アジアでも新しいゲームを始めています。ロシアでの会議でも、ロシアは、「ロシアはアジアに回帰する、”Pivot to Asia”だ」ということをよく言っております。欧州は日本やアジア諸国とどのような協力関係を考えておられるのでしょうか」という質問をしたのですが、大臣は絶句されてしまいました。ヨーロッパの中の話だけすればいいと思っておられ、アジアのことは何も考えておられなかったのだと思います。また、UAEからエミレーツ・インスティチュートのプレジデントも中東以東へのヨーロッパの意識をもう少し広げてもらいたいというコメントをしておりました。

GLOBESECのシンボルも、欧州を中心にした地球が描かれていますが、その地球は中東までで、南はアフリカの北半分までです。これがやはり欧州が感じているグローブだと思います。NATO各国の脅威認識というのは明確であり、われわれ日本人が彼らのこのような認識を念頭において接するようにしないと、アジアのことを言っても十分理解してもらえないと考えています。

(3)ロシアの脅威

ロシアに対しては、特に西欧は直接国境を接していないこともあり、また、東欧、今の中央ヨーロッパよりも経済的なつながりも低いということもあり、どちらかというとロシアの脅威を声高に言いがちです。

こうしたことを「脅威の地理的近接性」とスティーブン・ウォルトも表現しております。

(4)中国に対する認識

中国に関しては南シナ海の問題等に関するセッションがあり、中国から中国の外交部、外務
省にあたるところの将来の官僚たちを育てる大学である外交学院の教授が来ており、皆が彼を責めたてるような状況でした。本セッションでは中国を研究している人たちが集まるのでまだ意識は高いものがありました。会議は3日間ありましたが、このディナー・セッションでの一回だけで、それ以外は、中国に関する話題はほとんど出ていませんでした。中国を脅威とは認識しておらず、経済的な取引相手との認識だけではないかという印象をもちました。

フランスの国務省等とかつて話したことがありますが、「なぜ中国に武器を売るのですか」と聞いたところ、「トータルとしての武器は売っていない、だから制裁には反していない」と回答しました。技術とか部品等の輸出等については明言を避け、武器本体としては売っていないので制裁には反していないというのが現在のヨーロッパの認識と思います。
?
2.中国の「西進」戦略と「一帯一路」構想

同じように、アジアでもこのような脅威の認識が当てはまります。例えば、巨大な中国が日本の西側に存在し、その中国が暴れると、中国に対するわれわれの脅威としての認識が高まりますが、これがヨーロッパにうまく伝わりません。

実は、中国は、東と西において異なるゲームをしているのです。東の太平洋においては、アメリカとの衝突を避けることが、現在の中国にとっては第一に重要です。このことは、2012年に北京大学の王緝思(オウシュウシ)という教授が発表された論文の中で、アメリカとの衝突を避けるために西に行くのだという「西進」戦略について述べ、更に、もう一つ、経済発展している沿岸部の経済的な波及効果だけではなく、内陸部にも経済的な拠点を作るという「一帯一路」構想の基礎にもなったと思われる考え方についても述べています。

(1)「西進」戦略

中国は、西を向いて経済活動を展開し、経済圏を創出するためには、軍事的なバックアップが必要だという認識を持っており、ここでは米国と衝突するのではなくて軍事プレゼンスの競争を行うことを考えています。

ただ、アメリカに対しては直接軍事的な衝突を起こしても、また、軍事プレゼンスの競争をしてもはるかに及ばないため、中国的な発想から自分の能力が届かないのであれば相手の能力を何とかして低くする、これは、今の南シナ海の領海化からも読み取れます。

また、現在、中東でサウジアラビアとイランとの関係が悪くなっていますが、中国はこのことに非常に危機感を強めています。サウジアラビアとイランが軍事衝突を起こすと、この地域の情勢というのがサウジアラビアの背後にいるアメリカとイランと関係の深いシリア等の背後にいるロシアとの二大国の軍事力によって決められてしまう。実際、中国はまだこの地域において十分な軍事プレゼンスを示す能力を持っていません。現在、中国は少なくとも2隻の空母を建造しています。中国は2020年までにこの空母打撃群を中東等の地域に派遣し軍事プレゼンスを示すという目標を立てておりましたが、10年ほど遅れて進んでいます。中国は空母の建造等をスピードアップしていますが、この目標を達成するのは、最も早くても2025年、今のところ大体2030年ごろになるのではないかと考えられます。

こうした危機感をもとに中国は西へも軍事的な展開を強めていますが、ヨーロッパ等に対して行っているのは親善訪問等が主であり、プレゼンスの示し方は現在非常に柔らかいものです。

(2)米国に対する接近拒否戦略「A2/AD」

中国海軍は米海軍との決戦の場は台湾の東側の海域であるとしていますが、中国は、アメリカに対してまったく歯が立たないということを理解しており、このためにとっている戦略がA2/ADという非対称戦です。中国のA2/ADというのは、アメリカの空母打撃群と直接正面衝突せずにアメリカの海軍の近接を拒否するという戦略です。昨年9月の軍事パレードの際、ナレーターも明確に言っていました。A2/ADを構築する対艦弾道ミサイル(ASBM: Anti-Ship Ballistic Missile)は、中国独自の兵器とされ、アメリカに対する非対称戦を構築する最も重要な武器とされています。中国の対艦弾道ミサイルにはDF-21DとDF-26という二種類がありますが、後者の射程は3,000キロ以上あります。つまり、中国から3,000キロ以上離れたところから段階的にアメリカ海軍の近接を拒否する、この二種類のASBMで攻撃することを考えています。その後にロシアから購入した通常能力型の潜水艦あるいは中国が開発した最新型の通常動力型潜水艦がほとんど東に配備をされ、アメリカ海軍の近接を拒否するために使われています。更には、ロシアから購入したソブレメンヌイ級の駆逐艦ですが、これも艦自体が欲しかったわけではなくて、これに搭載している「サンバーン」というニックネームの対艦ミサイル、これはマッハ3で飛行すると言われており、また、「空母キラー」と以前に言われていた対艦ミサイルですが、こういったものを段階的に組み合わせることによって米海軍の接近を拒否するという能力を中国は現在付けつつあります。アメリカに接近して欲しくないということであり、現在は米海軍に直接対抗できる能力を持っているわけではありません。アメリカの接近を抑えつつ、中国は西で自分に都合のいい情勢を構築しようとしていると言えます。

(3)「一帯一路」構想

「一帯一路」というのは、二つの路を表すものではなく、一つは帯であるということが重要です。中国では、黒竜江省、これは北側にある省ですけれども、黒竜江省に至るまで「一帯一路」を掲げて活発な経済活動をしています。黒竜江省の「一帯」はロシアとの関係を指しています。つまり、「一帯」は非常に広い範囲を指すもので、必ずしも陸上の鉄道網や高速道路が完全に繋がらなくても、この「一帯」の構築が可能ということです。一方の「一路」は明らかに道であり、海上輸送路のことを指しております。中国は、1991年の湾岸戦争をよく観察し、世界中の各地域で軍事力を持って自国に都合のいい情勢を作り出せるのはアメリカだけだという結論に至り、中東等の地域と海上輸送路に対するアメリカ海軍の影響を非常に恐れています。中国が海軍に指示したのが「近海防御と遠海防護の結合」です。また、海軍は三段階の発展戦略に従って軍備等を行っています。一段階目は、2000年までに第一列島線内外まで活動範囲を広げる。二段階目が先程申し上げた2020年までに西へ展開する、第三段階は2050年を目途にしていますが、アメリカに対して対等な戦闘力を持つということ念頭においているのだと思います。

(4)アメリカに対するコストの強要

こうした背景があって、
現在海軍兵力は西へ展開し、アメリカと軍事プレゼンスの競争を開始しようとしています。

南シナ海の問題について
は、アメリカ海軍の艦艇等の航行を完全に拒否できないまでも、自由な航行をさせないようコストを強要し、西側でのプレゼンスを少しでも下げさせたいというのが中国の意図です。中国は、アメリカに干渉させずに、中国が自らにとって都合の良い地域バランスを作り出すことが、中国の経済発展にとって何よりも重要であると考えています。
3.米中間の緊張

(1)米中間の構造的緊張

中国は、発展する国がある程度の経済規模になると必ずアメリカがそれを妨害する、現在がその時期と考えており、危機感を持ってアメリカに対峙しています。

経済発展する国は同時に軍備を増強します。脅威は、意図と能力によって構成されます。中国の能力は著しく向上しています。意図は不明であると言いながら、周辺諸国は、中国に対して非常に強い不信感や疑いを持っています。中国は攻撃的現実主義の信奉者であり、アメリカは発展する潜在的覇権国を攻撃するという動機をもって行動しているように中国には見えるわけですから、当然、米中間の緊張は高まります。構造的な緊張というのは避けがたいものです。

ただ、こうした構造的な緊張が必ずしも軍事衝突に至っていないわけであり、今後軍事衝突を避ける要因は何かというものを探求する努力が必要だと考えています。

(2)現実に直面する課題

ア 理想主義を掲げる国家の建前と本音
そこで経済的な相互依存等といった話が出てくると思いますが、こうしたリベラリズムというのは先に理想があり、その理想のためにどうすべきかを考えるものであり、分析枠組みというより政治哲学です。リベラリズムには多様な定義があり、現在は「正義主義」というものが主に話題になっています。ここでは他者に対する「公正な態度」というものが基本になっています。
イ 中国の「公正」の認識
ただ、今の世界において、「公正」の認識というのが共有されているのか疑問があります。特に、中国の「公正」の認識は、日本やアメリカその他の国際社会と異なっています。

ウ 中国の新型の協力関係
中国外交部などは、国際関係は不平等と不公正が突出しているという言い方を公にしています。昨年9月には、習近平主席は、軍事パレードのスピーチで、「中国は協力とウィン・ウィンを基礎とする新型の協力関係を構築するのだ」と明言しました。中国にとって現在の国際関係は協力的でもウィン・ウィン的でもないと言っているのです。中国はこの国際社会のルール自体を変えると言っているのであり、新しいブロックを作ろうとしているのではないということも同時に読み取れます。

エ 難民問題に揺れる欧州
一方で、これまで、ヨーロッパは国家の垣根を低くするという理念のもと、移動の自由、人道主義の理想を掲げてきましたが、難民問題という現実に直面しており、理想と現実の折り合いをどのようにつけるのか、現在、ヨーロッパの主たる問題になっています。

オ 「共通の価値観」、「文化的紐帯」を共有できない中国
中国に話を戻しますと、そうした公正の意識を共有できないということは、同じルールで「囚人のジレンマ」のゲームを繰り返せば、協力することによって利益を最大にできることを学習するという、「将来の長い影」という考え方があります。同じゲームを繰り返せばみんな協力的になるという話ですけれども、実は中国はそのルール自体に不満を持ち、これを守らなければならないという価値観を共有していない、つまり同じゲームをプレイできてないのです。これまでも戦争が起こる時というのは、共通の価値観を持っていない、或は文化的に共通しない主体が台頭してきた時が危険なのだということが言われおり、今まさに、そういう主体である中国が台頭してきたと考えられます。

4.欧州とアジア

(1)ロシアが始める新しいゲーム

昨年のモスクワでの会議において、初めてロシアは新しいゲームについて言及しました。

ロシアはウクライナ問題によって欧州との経済協力に失敗をしました。欧州との経済協力によって米中に次ぐ第3極として生き残りをかけたゲームに失敗したのです。そして、ロシアのアジア回帰となり、新たなゲーム、アジアにおいて米中の対立をうまく利用しつつ、自分が生き残るスペースを確保していくというゲームを始めたのです。

(2)連動する欧州とアジア

ロシアにしろ、中国にしろ、東と西の一方だけでゲームをするわけではありません。

日本の脅威認識にしても、ロシア・ヨーロッパ正面にまで届きませんが、実は中国とロシアというのは東西にまたがっている二大国であり、それぞれ西側と東側で異なるゲームをしているのです。

このことは、ロシアが2013年から2014年かけて中国に対する支持の姿勢を大きく変えたことからも読み取ることができます。

2013年の中露海軍共同演習の際には、ロシアは中国に利用されるのを非常に嫌がっていました。アメリカに対してあまり強い牽制をかけたくないためでしたが、翌2014年には今度はロシア側から非常に積極的に中露共同演習に参加をします。プーチン大統領は、別の会議もあったのですが、上海まで行き、習近平主席と揃ってこの共同演習の開会式に出席し、スピーチまでしました。中国ではロシアからあまり強く背中を押されるのはよくないという話があったぐらいで、ロシアがこの時点でアジアでの姿勢を変えたということは中国側の反応からも見て取れます。中国としてはアメリカへの牽制はしたいものの、衝突は避けたいわけで、ロシアが中国の背中を押すことについては中国国内でも賛否両論があったくらいでした。

こうした中国とロシアが西と東で、それぞれゲームを行っているということが、実は日本と欧州が協力できる余地になっているのではないかと考えられます。中露への東西それぞれからの関与というものができるのではないかと思うからです。

ただ、ロシアに対する脅威認識というのはヨーロッパと日本では異なりますし、また、中国に対する脅威認識も日本が感じているものとヨーロッパの感じ方というのは全く異なります。その中で、どのように協力していくのかといったことが課題になっていると思います。

(3)共通の脅威認識

ア 領土問題と脅威

ヨーロッパでは ウクライナへの軍事侵攻を背景として、このような領土の問題、軍事侵攻の問題で話をされると、日本はなかなか感覚としてロシアの脅威というのを感じにくいものです。
また、アジアで行われていることも領土問題として話をすると欧州にはなかなか伝わらない。

イ 中ロに対する欧州・日本の脅威としての共通認識

そうすると、中露の行動に関して、日本とヨーロッパがどのように共通の認識を持つのでしょうか。日本や米国、欧州が共有すべき認識は、まさに安倍首相も言われておられますが、「実力を用いた現状変更」であり、「国際秩序に対する暴力を用いた挑戦」なのだと思います。今の国際社会はアメリカが主導してきましたが、「この国際社会の価値観への挑戦である」ということを基礎にしなければいけません。少なくとも第二次世界大戦終了後、最低限のルールとして国際秩序に対して異議を唱えるということは出来ても、暴力は使わない、軍事力を使わないということであったはずが、その共通の価値観自体を共有できない国家、中露があるということです。

この日本のロシアへの対応というものを欧州の中国への対応の交換といいますか、共有の条件とすることができるのではないかと思います。ただし、日本のロシアに対する認識と欧州のロシアに対する認識は異なるので当然それを基礎にしてとる行動というものは同じになる筈はない、また、取る必要もないのだろうと思います。

南シナ海での中国の行動は、欧州に対しては、領土問題としての説明ではなく、経済活動のベースにもなっている南シナ海の航行の自由、国際秩序に対する挑戦なのだ、しかも軍事力を使った挑戦をしているという説明をすれば、欧州にも一定の理解を得られると考えております。

5.欧州と日本の協力

(1)中東における欧州・日本の協力

こうした時にもう一つキーとなるのが中東の事象です。ヨーロッパも最近になって脅威は東だけではなくて南も脅威だと言い始めました。中東は欧州の脅威認識に含まれています。更に、中東は、中国にとっても「一帯一路」の地理的にも意義的にも中心です。

ここ中東に、日本とヨーロッパ欧州諸国が協力できるベースがあります。今回もUAEの代表と話をしてきましたが、UAEが今年このGLOBESECよりも大きな安全保障の会議を行うと言っており、その会議でアジアと欧州をつなげるような役割を果たせないかということを話しておりました。こうした、中東の情勢を理解し、中東の問題意識をもったUAEのような国をうまく媒介として利用し、ヨーロッパと日本の協力関係というものを強化できるのではないかと考えます。

(2)中央ヨーロッパでの日本のプレゼンス

ヨーロッパとの協力といってもEU・NATOなどの誰と協力するのか、全体と協力するわけですけれども、どこを足掛かりとするのかという話ですが、EU・NATOの中でも、ロシアとの脅威認識というのが一様ではなく、また、中国への依存度というのも一様ではありません。

ウクライナと国境を接しているスロバキアやハンガリーという国はロシアに対して割合強行です。また、西欧、英独仏なども、ロシアとの経済的な関係が深くなく、ロシアに対しては強くでがちです。

一方、かつての東欧、中央ヨーロッパはロシアとの経済関係を無視できないところがあり、特に、チェコはロシアからの脅威を認識する一方で挑発を避けなければならないということをあちらこちらで言っています。今回の会議でもチェコの国防大臣がスピーチを行い、「ロシアを脅威としてはならない」ということを言っています。このようなチェコのような国は、実は日本はその認識を共有する、あるいは協力の話をする上で同意を得やすい、或は共感を得やすいのではないかと考えています。

他方、最初に申し上げたように、英独仏は中国の市場に対する期待度が非常に高く、また、中央ヨーロッパには中国の投資が入りかけています。

今回スロバキアに5日間いましたが、日本の観光客を1人も見かけませんでしたが、中国からの観光客は団体で来ていました。更に、建物に掲げてある看板も中国と韓国の企業のものはありましたが、日本の企業のものはないというような状況でした。

中央ヨーロッパにおける日本のプレゼンスを強めていく必要があるのではないかと思います。

(3)中国への対処

中国に対してどう対処するかという極めて大切な問題ですが、短期的には抑止が効きません。中国が軍事力を使ってでもルールを変えようとしている中にあって、これを止めるというのはなかなか難しいわけですが、相手が暴力を使う以上はこちらも力を見せなければ相手の行動を止めることは難しいと思います。

これはどちらがいい悪いではなくて、中国はそれが国益を最大化する最善の方法であると考えていますので、それを止めなければならない、こちらはそれを受け入れられないという問題だと思います。国際社会が一丸となって対処することが大切です。
ただ一方で、軍事力を示すだけでは緊張が高まる一方ですから、長期的には、国際秩序を維持し、短期的にはパワー・シフトを起こさないようにするという二つの目標を同時に追求することが必要です。このためには、アメリカ・ヨーロッパの協力のもと、国際規範は力で変更してはならないという最低限のルールを中国とも共有し、国際秩序を形作る共通の価値観を作っていかなければならないと考えます。

○意見交換

司会(長島事務局長)
小原先生ありがとうございました。ロシアと中国に対する西と東からの関与、ヘッジ、こういうお話だったと思います。

それでは今日は本会議がございますので50分か55分をめどに終了させていただきたいと思いますが、ご質問のある先生方よろしくお願いします。

新妻会員
参議院の新妻秀規と申します。
ご講演ありがとうございました。

6ページにありますが、「中国の公正の認識」の話がありました。
中国は、現在の国際関係は不公平、不公正であり、現在は、ウィン・ウィンの状況でも、公正な状況でもない、新秩序を求めていくのだと話されましたが、中国の求めている新秩序の究極の姿というものが一体何であり、また、何がウィン・ウィンで、何が公正なのかについて、その具体的な姿をもう少し詳しく教えて頂ければありがたく思います。

小原先生
ご質問ありがとうございます。
まず、中国は国際社会のリーダーになるつもりはないと思います。

中国が求めているのは自国の経済発展をもっと好きにさせてくれ、中国が公平でないというのは中国の国内の余剰、これは資金にしても、セメント、コンクリート、鉄筋等、或は鉄道ですけれども、こうしたものをもっと自由に外に出せるようにしたいというのが中国の本音だと思います。

このようなことからAIIBという投資の枠組みを作りましたが、これまでのIMFやADDでは、中国は思うように自国の余剰ができたものを外に展開できない、これをもっと自由に展開するのだということが、そもそもの理由だと思います。

西村会員
自民党の西村です。ご講演ありがとうございました。
ヨーロッパ各国の対ロシア、対中国の温度差に関してもう少し教えて欲しく思います。12ページにありますが、中央ヨーロッパはロシアに非常に近いため脅威を感じている国が多い、バルト三国もそうだと思います。
一方、ドイツ、フランス、イタリアはロシアとビジネスを相当やっており、ロシアに対する制裁にそれほど熱心ではないような感じがします。
また、中国に対しても、ドイツは車を含めて相当ビジネスをやっており、また、イギリスも、今回中国から原発の投資を受け入れ、中英のゴールデン・エイジというような新聞記事も出ていました。イギリスは中国から直接の脅威を感じていないからではないかとも思います。
ヨーロッパの各国の対ロシアや対中国の温度差について教えて頂ければありがたく思います。

小原先生
中国に対してヨーロッパ各国は概してビジネス・ベースで話をします。
中国に行って、中国のメディア、特に若い記者たち話をしますと、彼ら・彼女たちは欧州の政治指導者にはがっかりしているということをよく言います。実は、彼ら自身も中国の政治、社会が今のままでいいとは思っておらず、欧州やアメリカ、日本もそうですが、もう少しうまく中国の指導者に圧力をかけて欲しい、問題を提起して欲しいと考えています。

ところが、特に欧州の指導者たちは来たとたんにビジネスの話をする、自国に投資することがいかに中国にとって利益になるのか、そういう話しかしない、ということで欧州に対してはがっかりしているということです。商務部の人達に話を聞きますと、ドイツのメルケル首相が訪中したときもまず言われたのがドイツの自動車メーカーにもっと優遇措置を与えて欲しい、そういった話ばかりであった。本当かどうか裏は取れていませんが、中国海軍から言われたのは、「遼寧」という空母のアレスティング・ワイヤーはフランスから購入した、その代わりにエアー・バスを買ってやったのだという話をするくらいです。欧州と中国との関係というのはどうしてもビジネス・ベースになるのではないか、先程申し上げたようにヨーロッパでの会議でもそのように感じます。

また、今回の会議でもサイバー攻撃に対する問題が提起されていましたが、ヨーロッパで認識されているサイバーの問題というのはやはりテロ等の問題に関して国がどこまで収集していいのかという問題意識が主となっており、脅威認識としての中国のサイバー攻撃については、サイバーのセッションの中でもほとんど聞かれませんでした。更に、ヨーロッパの核に関しても、米ロや中国が狙っているような対等な核兵器の保有ではなく、ほんの一部の核を持ち、蜂の一刺し的な役割とすることに期待しています。従って、核兵器を中国に牛耳られるという意識も危機感もありませんでした。このように、各国とも中国に対する欧州の脅威認識は高くありません。

一方、ロシアに対しては勿論、ご指摘があったように、国によってロシアとの経済関係はいろいろありますが、やはりヨーロッパ、特にイギリスを除くヨーロッパの国々は陸続きでロシアと接しており、常に恐怖感を持っています。特にドイツは、ロシアとビジネスもしておりますが、ロシアに対する脅威認識を強く持っています。今回の国防大臣のスピーチで感じました。

中央ヨーロッパの国々は、西欧とロシアの中間にあり、しかも影響力もさほど大きくありませんが、脅威も強く感じる一方、経済的にもロシアとのビジネスによりロシアに依存しており、NATOの中でも微妙な立場です。西欧諸国はロシアに対して強く言いながらも、実際にはまだその間に中央ヨーロッパが存在しており、ロシアに対する制裁も様子をみながら実は加減ができるわけですが、中央ヨーロッパの場合は微妙なさじ加減でも非常に大きなインパクトになります。

中央ヨーロッパの中でも、先程申し上げましたとおり、ロシアに対して経済的な依存を重視するチェコ共和国のような国に対して、ヨーロッパとの協力に関して最初の足掛かりとして話をするのがよいのではないかと考えた次第です。

司会
ありがとうございました。話は尽きないのですが、時間も迫って参りましたので意見交換を終わらせて頂きます。
先生方ありがとうございました。
最後に、副会長 伊藤先生の方からご挨拶を頂戴したいと思います。

☆謝辞・挨拶(伊藤副会長)


今日は小原先生からNATOと中国、特に安全保障の見地から大変貴重なお話を頂きました。短い時間でしたが意見交換もできて大変ありがたいことだと思います。
こういう素晴らしい会を企画して頂き、感謝申し上げます。

これからも当協議会頑張って参りますのでご支援の程よろしくお願いします。
今日はどうもありがとうございました。(大きな拍手)










日米欧総合安全保障議員協議会会報


28−1号


平成28年度年次総会・記念講演実施報告


『NATOと中国、主として安全保障の見地から』


平成28年5月




発行者    日米欧総合安全保障議員協議会




会長 衆議院議員 中谷 元


東京都千代田区永田町2-1-2  衆議院第二議員会館1222号室


Tel 03-3508-7486  Fax 03-3592-9032




幹事長  衆議院議員  長島 昭久


東京都千代田区永田町2-2-1  衆議院第一議員会館510号室


Tel 03-3508-7309   Fax 03-3508-3309




事務局長      幹事長が代行