日米欧総合安全保障議員協議会


日米欧総合安全保障議員協議会

TOP

概要

役員

会員名簿

規約

最新情報

勉強会

今後の予定

会報


北大西洋条約機構国会議員会議
(NATO-PA)

概要

交流実績

NATO Parliamentary Assembly

NATO



                     


日米欧総合安全保障議員協議会  NATO Parliamentary Assembly


27−5号


会報


平成27年度第二回勉強会実施報告


演題:『最近の欧州事情とNATO』


講師:駐日ドイツ連邦共和国特命全権大使


ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン氏


平成28年3月2日(水)12:00〜 13:00


衆議院第一議員会館地下1階「第三会議室」


開会・閉会の挨拶・司会:長島事務局長


挨拶:玄葉副会長



 平成27年度の第二回目の勉強会においては、駐日ドイツ連邦共和国のヴェアテルン大使を講師としてお招きし、「最近の欧州事情とNATO」と題する講演を頂きました。当日、会員16人、代理者等21名の出席のもと、講師は、難民問題の現状、NATOの意義、難民問題に対するドイツやNATOの取り組み等について丁寧に述べられました。また、会員との間で、難民問題と日本、原発問題等についての質問等を踏まえながら熱心な意見交換が行われました。
 会員の皆様のご参考に供したく配布いたします。


                平成28年3月

        日米欧総合安全保障議員協議会
        事務局長兼幹事長 長島 昭久衆議院議員



目 次


講師の略歴 1

T 開会、挨拶、講師紹介 2
〇 開会挨拶:長島事務局長兼幹事長  2
〇 挨拶:玄葉副会長  2
〇 講師紹介:長島事務局長兼幹事長  3

U 講演  3

1.難民問題と日本  4
2.ヨーロッパへの難民移動とその発生原因  4
3.難民問題の解決へのメルケル首相の決意  5
4.難民問題の根本的な解決  5
(1)シリア等の安定化  5
(2)国際社会の貢献  5
(3)不法移民の送還  6
5.NATOの成立と冷戦終結後のNATOの意義  6
(1)NATOの成立  6
(2)冷戦終結後のNATOの意義  6
6.NATOの難民問題に対する対応  7

V 質疑応答等  8
〇 三原会員  8
〇 ドイツ大使  8
〇 篠原会員  9
〇 新妻会員  10
〇 ドイツ大使  10

W 閉会、謝辞  11
〇 長島事務局長兼幹事長  11
〇 玄葉副会長  12
〇 大使  12



講師の略歴




プロフィール


駐日ドイツ連邦共和国大使


ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン氏


(Hans Carl von Werthern)


1953.8.4ドイツ・ビューデスハイム生まれ、既婚、子供3人(娘さん3人)
1971 アビトゥア(ドイツの大学入学資格)取得
1972 米高校卒業資格取得
(ワシントンDCセントオールバンズ・スクール)
1973-1975 兵役

1975-1979マインツ大学にて経済学・法学専攻、同大学経済学修士号取得
1979-1984マインツ大学学術助手
1984政治学博士号取得
1984-1986外務省研修(ボン)
1986-1987ハンブルク大学平和研究・安全保障政策研究所
1987-1990在ベトナム大使館(ハノイ)
1990-1992NATO代表部(ブリュッセル)
1992-1994外務省研修所上級職研修班(ボン)
1994-1997在パラグアイ大使館(アスンシオン)
1997-2000外務省西欧課長代理(ボン、ベルリン)
2000-2002自由民主党(FDP)連邦議会会派欧州政策担当(ベルリン)
2003英国王立国防大学(RCDS)(ロンドン)、国際関係論修士号取得
2004-2005「日本におけるドイツ年2005/2006」外務省準備室長(ベルリン)
2005-2007外務省東アジア課長(ベルリン)
2007-2010在中国大使館公使(北京)
2010-2011外務省中央局長代理(人事担当)(ベルリン)
2011-2014外務省中央局(第一局)長(ベルリン)

2014.3駐日ドイツ連邦共和国大使(東京)

1




T 開会、挨拶、講師紹

〇 開会挨拶:長島事務局長兼幹事長



皆さんこんにちは!
大変お忙しいところお集まり頂きありがとうございます。

本日は、平成27年度第2回目の勉強会、今年に入って初めての勉強会を開催させていただきたいと思います。

私は、当会の事務局長、幹事長を兼務しております長島昭久です。よろしくお願いします。

それでは、お時間となりましたので勉強会を開催させて頂きます。お食事をされておられる方はそのままお続け下さい。

本日は、駐日ドイツ連邦共和国特命全権大使のハンス・カール・フォン・ヴェアテルンさんにご講演をお願いいたしました。初めに、今日は会長の中谷防衛大臣が公務のため欠席ということでございましたので、副会長の玄葉さんの方から一言歓迎のご挨拶をして頂きたいと思います。どうぞよろしくおねがいします。(拍手)

〇 挨拶:玄葉副会長



皆さんこんにちは!
今お話しにござましたように中谷先生は現役閣僚でありますので、なかなか出席できないということですので、私が代わりに一言だけご挨拶を申し上げたいと思います。

ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン駐日ドイツ連邦共和国大使ご就任以来、本日、2回目の講演を頂くということになります。ようこそおいで頂きました。ありがとうございました。私もよく覚えておりますけれども、大使は、ご着任早々、フランス大使とご一緒にお越しいただき、かつてのドイツとフランスの「和解」のお話をして頂いたという風に記憶しております。その後、日本各地を精力的に回られて大活躍をされておられることに、本当に敬意を表したいと思います。

今日は、欧州全般、特に、ISILの問題やシリアからの難民の問題等、また、イギリスのEUからの離脱の問題等について、さらに言えば、ドイツ、ヨーロッパあるいは大使個人的なお考えとして、本日、スーパー・チューズデイで米国の大統領候補選挙の真最中ですが、なかなかコメントしにくいとは思いますが、「極端な主張」が比較的受け容れられてしまっているということに対して、われわれとしてなんとなく危機感を抱くというところもありますので、そんなことも少し意見交換できたらと思っております。本日どうぞこれからよろしくお願い申し上げたいと思います。(拍手)

2




〇 講師紹介:長島事務局長兼幹事長



ありがとうございました。

それでは私から大使のご紹介をさせていただきたいと思います。
スクリーンの方にもご経歴をご披露させて頂いておりますが、大使は1953年、ビューデスハイムでお生まれになりました。
2年間の兵役に就かれた後、マインツ大学で修士号・博士号を取得されました。ちなみにマインツには渡辺周さんの義理の息子さん、武藤さんが活躍中です。

1984年、外務省に入省され、そののち、ベトナム、ベルギー、パラグアイ、中国等において海外勤務をされた後、東アジア課長、中央局長等の要職に就かれました。

本日は、その幅広いご見識の中から、『最近の欧州情勢とNATO』と題してご講演を頂きます。

先程調整させて頂き講演を約30分程度でお願いしましたが、なるべく短くし、その後ディスカッションを楽しみたいとのことでした。よろしくお願いします。
それでは 、大使、よろしくお願いします。(拍手)


U 講演



皆様こんにちは!Ladies and gentlemen! 女性の方も2名おられ嬉しく思います。
本日お招きいただき、EUの情勢とNATOについてお話しできる機会を与えて頂きましたことに感謝申し上げます。当会でお話しするのはこれで二回目となります。さきほど、美味しい食事を頂きました。ありがとうございました。

さて、今回のテーマは、5日間のセミナーを開いたとしても十分な話の材料があるほど大きなテーマですが、今日は時間の関係もありますので、重要事項だけに絞らせて頂きます。後ほど、質疑応答の際に私が触れなかったことについてもどうぞ質問してください。

3




1.難民問題と日本

日本では、難民問題に関して、政治の世界だけではなく一般社会においても、激しい議論、活発な議論が行われています。大変いいことです。難民として認められた人は現在それほど多くありませんが、そのうち変わる可能性があります。

これまでの半年ほどの間、日本全国のあちこちで難民問題について講演会を開きました
が、最後に必ずこのように言っています

「日本は、地理的には島国ですが、政治的には島国という概念はもう存在しません。海岸にたくさんの難民のボートが現れたらどうするか今のうちに考えておくべきです。」


2.ヨーロッパへの難民移動とその発生原因

ドイツでは、昨年、難民の数は100万人以上となり、ドイツの人口比でいえば、1.3%
でした。昨年初めて難民がドイツに入ったわけではありませんが、これだけ多数の難民が押し寄せたのは初めてです。その理由についてこれから説明したいと思います。

難民流入の原因は、益々激化しているシリアでの内戦です。シリア人にとっては、自国に
とどまっても、将来の見通しが全くなく、また、隣国のレバノン、トルコ等に行ったとしても同様です。難民たちは、家族を含めて、生き延びるだけではなく、より良い生活を求めて、ヨーロッパに来ております。ヨーロッパの中では、特にドイツがいいと考えているのでしょう。

シリア以外でも、例えばアフリカ、南スーダン、エリトリア等からも、将来に希望をなくし自国に見切りをつけ、ヨーロッパへ旅立とうとしている人がたくさんいます。




4




3.難民問題の解決へのメルケル首相の決意

ドイツ政府として、特にメルケル首相は断固たる決心をし、次のように言っておりまし
た。「この問題はやれば出来る、解決しようと思えば解決できる」と。保護を求めている理由として、戦争、内戦、迫害を受けている等、様々なものがありますが、やはり彼らを救う責任がヨーロッパ、ドイツにあるとメルケル首相も言っているのです。

ただ、メルケル首相の発言は多くの国に誤解されてしまいました。ドイツだけで世界のすべての難民を救おうとしていると誤解されたのです。世界のすべての難民をドイツだけで救うということは不可能です。

「やればできる」というメルケル首相の発言は、ドイツ単独で解決するのではなく、ヨーロッパ全体の協力があれば解決できるという意味です。ドイツ政府は、EUの枠組み内で、ヨーロッパに押し寄せている難民を加盟国に公平に分担するシステムを設定し実施することを提案しています。しかし、この提案の実現も簡単ではなく、その見込みも今のところありません。




4.難民問題の根本的な解決

(1)シリア等の安定化

難民問題の根本的な解決は、その国の人々が国を信頼し自国の将来に希望を持つように
することです。このためには、ドイツやEUが中心的な役割を果たすことは勿論ですが、国際社会もこの問題の解決に努力しなければなりません。

嬉しいことに、現在合意されているシリアにおける停戦がここしばらくは継続しそうです。長期的にシリアを安定的な状況に戻すことが急務です。復興への見通しをつけ、シリアからの難民が自分の国に帰ろうとするそういう状況を作らなければなりません。根本的な原因を解決しなければいけないのです。

(2)国際社会の貢献

日本は、特にUNHCRの枠組みで非常に大きな分担金を支払っています。また、数週間前に開かれましたシリアに関する復興会議、シリア支援の国際ドナー会議でもやはり日本は大きな貢献をされ、高く評価されています。このような国際社会からの貢献も大切です。

5




(3)不法移民の送還

難民には、政治的な理由、例えば、政治的な迫害や内戦により、自国を離れる人々もいますが、経済的な理由によりドイツ或はヨーロッパに入ろうとする人々もいます。後者の経済的な理由による難民を素早く帰還させる協定が、マグレと呼ばれる国々、モロッコ、チュニジア、アルジェリアとの間で結ばれ、また、トルコとも密接な話し合いが行われております。


5.NATOの成立と冷戦終結後のNATOの意

私は、90年代の初め頃、NATOにドイツの代表として派遣されました。また、今年はドイツ大使館がNATOのコンタクト大使館であり、日本とNATOとの関連で実施を希望されることがあれば、少なくとも今年1年勤めさせて頂きますのでよろしくお願いします。

(1)NATOの成立

NATO、北大西洋条約機構は、第二次世界大戦後に防衛同盟として設立されました。当時、北大西洋でアメリカとカナダ、西ヨーロッパが存在し、他方、ワルシャワ条約機構が存在し北大西洋諸国にとり脅威に映る冷戦時代の真只中でした。NATOは、この東側ブロックに対する、自分達の安全を保証できる同盟、安全保障機関として設立されました。



(2)冷戦終結後のNATOの意義

70年代中頃から、冷戦が徐々に和らぎ、89年、90年の冷戦の終焉後、NATOは、その役割について見直しを行い、その活動範囲を広げました。広い意味での安全保障のための機関との位置づけをしました。

NATOは、軍事的な性格以上に、政治的な協議機関としての性格の方が更に重要です。加盟国にとっては、軍事的な要素は国の存立にかかわるような事態に備えるものであり大切なものですが、それ以上に、加盟各国が政治的なルートを通じて安全保障について協議し安全を総合的に保証することが重要です。

6




6.NATOの難民問題に対する対応

NATOは、世界各地で安全保障を確保するために協力してきました。自国を後にする難民の発生原因を解決し、また、NATO加盟国がそのテロ対策の負担を軽減するための支援するための活動を展開してまいりました。

アフガニスタンにおいては、人々が安心できる状況を確保するためテロリストの撲滅に貢献するとともに軍幹部を育てる支援も実施しています。また、イラクにおいても軍幹部を育てる支援も行い、また、アフリカ諸国にもAWACS早期警戒管制機を派遣しております。



更に、1週間前からNATOは地中海におきましても活動を展開しています。密航組織は、多くの難民から大金を受け取り、航行に非常に危険なゴム・ボートなどの簡単なボート等により難民をヨーロッパに密輸しています。NATOは、密航組織の活動を撲滅するための作戦を実施しているギリシャとトルコを支援するため、密航組織の活動を偵察する任務を遂行中です。

 この活動は、NATOが政治的な調整役を見事に果たしている好例です。トルコからギリシャへの難民のルートが難民移動の最大のルートですが、ギリシャはEU加盟国ですが、トルコはEU加盟国ではありません。しかし、ギリシャとトルコは両国ともNATO加盟国ですので、NATOはその役割を通じて調整を行い、また、トルコとギリシャとの協力により、難民問題の負担は軽減され、難民問題への対処にあたって大きな前進となっています。

先ほど長島さんから最初の話は30分ぐらいでと言われました。時間を見ましたら、丁度30分です。話はここまでにしまして、質疑応答に移りたいと思います。

7




V 質疑応答等

〇 司会:長島事務局長

大使ありがとうございました。時間も守ってくださいまして、少しディスカッションの時間ができました。先生方からご質問でもご意見でもよろしくお願いします。三原先生お願いします。

〇 三原会員



もし、ウクライナがNATOに入っていたとしたら、ドイツ、NATOは、ウクライナへのドイツ軍を含むNATO軍の出兵を決断したでしょうか?

〇 ドイツ大使

非常に重要な、そして、いいご質問を頂きました。実は、過去にもこの種の問題について大いに議論されたことがあります。まず、次の二つのことから考えてみましょう。

一つ目は、各国がどのような国と同盟を組むのか、或は、どのような組織に入るのかについては、それぞれの国に自ら決める権利があるということです。

二つ目は、NATOにとって、ロシアとの良い関係を整えることも大事であるいうことで
す。ウクライナがNATOに加盟したことが原因でロシアとの関係が悪化すればNATOの利害に反することとなります。

現在、ウクライナがNATOに加盟するという現実的な見通しはありません。NATOに加盟するためには、最低基準を満たす必要があります。民主主義国家であること、また、法治国家であり法の支配を守るということ等の最低基準です。将来、ウクライナが自らの意思でNATOに加盟しようとし、また、その最低基準を満たすのであれば、更に、ロシアとの関係を悪化させないのであれば、それはもちろん大変良いこと、歓迎すべき状況になると思いますが、将来的或は長期的に見てもそういう見込みはありません。

少し状況が違いますが、過去に、ある意味でよく似た状況がありました。

1990年、ドイツ統一が大国間で交渉・議論された時のことです。当時、ソ連は、統一されたドイツは、NATOに加盟しない、中立の立場であるべきだと主張していましたが、イギリス、フランス、アメリカの3主要国は、NATOに加盟しない中立の立場のドイツはソ連のためにはならないと説得し、最終的に、統一されたドイツはNATOの組織の中に組み入れられました。

8




統一されたドイツがもしどの組織にも属さないで無所属又は中立の状態で一国だけで存在した場合、将来、このドイツが攻撃的な行動を取ろうとしたときにこれを阻止することはできません。しかし、NATOの組織の中に入っていれば最終的にはNATOからの脱退を意味し、それはドイツ以外の全NATO加盟国を敵にすることとなるため、ドイツは自制的な行動をとらざるを得なくなると考えられたのです。このことをもっとよく考える必要があります。




〇 長島事務局長兼幹事長

ありがとうございました。それでは篠原先生、次に新妻先生、お願いします。

〇 篠原会員



(ドイツ語で)グーウテンターク、ダンケシェーン、シノハラです。知っているドイツ語の半分をしゃべりました。(笑)

難民について1つ、原発問題について1つ、それ
ぞれ質問があります。

難民問題については、難民が日本に押し寄せる、1,000万人の単位で中国から来られたら大変という話をよく聞くのですが、私は、それはないのではないかというふうに思っております。

日本は島国国家で大陸とつながっていませんし、それから大陸の人達もそういった発想はない、こういうこと言ったらなんですが、われわれを含め東洋人は上の方で争っても国民を痛めつけてこらしめる、そういう行為はあまりないのではないかと思います。ただ、考えられるのは、内戦が起きても上だけで国民がそれほど困ることがないと思います。

可能性があるとしたら、原発事故難民というのはあり得るのではないかなと思います。中国はたくさんの原発を作っておりますし、なにかあれば行くところがありません。



次に、これに関連して、原発の問題こそドイツから日本政府にアドバイスして頂きたい。今度、ドイツは32年に原発をすべて止める、日本は廃炉になるまでの40年までは伸ばすと言っている。ドイツはさっさと辞めるのに、日本は全然止めようとしない、同じような国でなぜそのように違った対応になるのか、これこそアドバイスしていただきたいと思いますがいかがでしょうか。

9




〇 新妻会員



ご講演ありがとうございました。日本の難民支援について質問します。

日本からの難民支援を高く評価されているというお話しがありましたが、どのような点が評価されているのでしょうか?

また、例えば中東の難民を留学生として受け入れるという提案をわが党の代表が政府にしていますが、これはヨルダン初め周辺国を我が国の国会議員が訪れた時に現地で伺ったことから一つの支援策として考えたものです。この提案、中東の難民を日本への留学生として受け入れるという提案についてもご意見を伺いたいと思います。

〇 ドイツ大使

近い将来、中国から多くの難民が日本に押し寄せてくるというシナリオは現実的ではないと思います。難民がでる理由としては、内戦だけではなく、例えば言われているような原発難民ですとか、更に考えられるのは、温暖化の進行により、砂漠化や、或は、海面上昇による国土の消滅等の自然災害により、自分の国を後にする人々が出てくるかもしれません。そのような状況でどうするかということもあります。





10




原発がキーワードとして出て来ましたが、日本とドイツはそれに対する考え方が違っております。ドイツは私も含め、日本に相談をしたりアドバイスをしたりする立場にはありませんが、ドイツでは、現在の原発の技術を用いて、リスクを100%完全に抑えるような運用は不可能であるということで脱原発を決定しました。不可能ということは福島で明らかになっています。原発の技術を使い続けるよりも、再生可能なエネルギーへの転換の方がより安全であるとの結論からでした。また、エネルギー効率を上げること、つまり、節電も大切です。

ドイツは、一方では再生可能エネルギーへの転換、他方ではエネルギー効率を良くすることにより、中長期的には原発を必要としないという判断を下しました。

更に、最終処分場をどうすればいいかという問題もまだ解決されていないため、原発を運転し続けるというのは不可能である、あるいはしない方がいいというのがドイツの決断・結論でした。ドイツと日本は技術の面で互いに学び合うことが多くあります。技術の面でエネルギー効率の分野ですとか実際に密接に協力しているという事は大変喜ばしいことであります。

さて、日本人の難民支援ですが、UNHCRにおいても大きな分担金を拠出していることが具体的に評価されています。このような貢献により難民支援が行われており、例えば、難民キャンプでの難民の生活を少しでも楽にすることができております。また、自分の国を後にする人がより少なくなるといった効果もあります。

シリア支援の国際ドナー会議の席でも、具体的な金額を覚えていませんけれども、日本は経済大国ですので大きな金額を拠出しました。シリアの状況を改善するため、また、内戦の撲滅だけではなく、復興にも役立つようになります。国際的にみても、非常に大きな、また大変重要な貢献であります。そういった面で高く評価されたのです。


W 閉会、謝辞

〇 長島事務局長兼幹事長

ありがとうございました。まだまだ先生方からいろいろご意見・ご質問があろうかと思いますが、難民に絡んでのホーム・グロウンのテロは極めて深刻だと思います。

大使、本当に今日は貴重な時間を頂戴致しましてありがございました。それでは、当会から記念品を大使にお渡ししたいと思います。副会長の玄葉さんからお願いします。

これは、日本の伝統工芸品のウィスキー・グラスとビア・グラスのプレミアム・セットです。田島硝子社製で、このウィスキー・グラスの下に富士山がモチーフされています。



〇 玄葉副会長

このウィスキー・グラスにウィスキーを入れますと、この富士山が琥珀色になります。



素晴らしいご講演を頂き、また、質疑応答にも誠実にお答えいただき誠にありがとうございました。

11




〇 大使

本日はどうもありがとうございました。(盛大な拍手)







日米欧総合安全保障議員協議会会報


27−5号




平成27年度第二回勉強会実施報告




『最近の欧州事情とNATO』




平成28年3月




発行者    日米欧総合安全保障議員協議会




会長 衆議院議員 中谷 元


東京都千代田区永田町2-1-2


衆議院第二議員会館1222号室


Tel 03-3508-7486  Fax 03-3592-9032




幹事長  衆議院議員  長島 昭久


東京都千代田区永田町2-2-1  


衆議院第一議員会館510号室


Tel 03-3508-7309   Fax 03-3508-3309




事務局長      幹事長が代行