日米欧総合安全保障議員協議会


日米欧総合安全保障議員協議会

TOP

概要

役員

会員名簿

規約

最新情報

勉強会

今後の予定

会報


北大西洋条約機構国会議員会議
(NATO-PA)

概要

交流実績

NATO Parliamentary Assembly

NATO



                     


日米欧総合安全保障議員協議会  NATO Parliamentary Assembly


27−3号


会報

NATO加盟国国会議員会議(NATO PA)


訪日団に対する支援に関する報告




27年6月1日(月)から5日(金)の間、北大西洋条約機構国会議員会議(NATO PA)の政治委員会(PC)NATOパートナーシップ小委員会(PCNC)の一行、議員16名、その他随員等(事務局3名、議員随員1名)4名、計20名が来日されました。




 今回は、先方がNATOコンタクト大使館であるドイツ大使館と連絡を取りながら、東京財団、政策研究大学院大学、アデナウアー財団との約束を取り付けましたが、その他は、これまでの交流の経緯もあり、当事務局が、当議員協議会の会員との懇談をはじめ、防衛省、原子力規制庁、江戸東京博物館、海上保安庁海上自衛隊、記念館三笠、衆議院議長表敬(町村前衆議院議長葬儀のため直前で取りやめとなった。)、外務省、総理官邸等の訪問に対し、計画の立案、予約の取り付け及び全行程の同行支援を実施致しました。




 6月5日の当協議会会員との意見交換会には、合計23名のご参加を頂いております。長島幹事長司会のもと、大変活発に意見交換が行われました。




 なお、一行の訪日は、各方面のご厚意により、滞りなく終了し、熱い感謝の言葉を残して、6月6日以降、各個に帰国致しましたことをご報告申し上げます。




 会員の皆様のご参考に供したく配布いたします。






               平成27年6月




                         日米欧総合安全保障議員協議会


                         事務局長  長島 昭久 衆議院議員







目 次




T 訪日支援に関する報告の概要                            1


  1.支援の概要                                      1


  2.成果                                            "


  3.所見                                         ′




U 訪日団の構成                                      ′




V 実施日程                                        "




W 訪問先における細部状況                                  "




第1日目


  1.ドイツ大使表敬及び意見交換                            5


  2.防衛省表敬及び意見交換                               5


  3.防衛副大臣主催歓迎レセプション                        "




第2日目


  1.NATO公共外交部行事:東京財団訪問及び意見交換             "


  2.政策研究大学院大学訪問及び意見交換                   8




第3日目


1.海保庁資料館横浜館 北朝鮮工作船一般見学                 9


2.海上自衛隊 自衛艦隊司令部訪問                        9


3.記念館「三笠」訪問                                   10




第4日目


  1.原子力規制庁表敬及び意見交換                      11


  2.浅草の自由見学と昼食                                  11


  3.江戸東京博物館見学                                   12


  4.アデナウアー財団(KAS)主催シンポジウム及び意見交換          12


  5.アデナウアー財団(KAS)主催レセプション                   13




第5日目


  1.日米欧総合安全保障議員協議会会員との昼食・懇談           14


  2.外務省表敬及び意見交換                            15


  3.総理官邸表敬及び意見交換                          15




NATO PA秋季総会のご案内                                 裏表紙









T 訪日支援に関する報告の概要




1.支援の概要




(1)経緯  


  


  NATO PAの訪日について、昨26年9月29日、ザッハ政治委員会事務局長から政治委員会(PC)NATOパートナーシップ小委員会(PCNP)の受入方依頼のメールがあり、長島幹事長兼事務局長報告の後中谷会長に報告し、訪日の受け入れが了解された。


  


  その後の訪日時期の調整に際して、6月、9月又は10月初旬が提示され、取りあえず、6月15日の週を助言した。しかしながら、NATO PAは1日から5日の週を選択してきたが、外務省は、OSCEとの協議の週だとして難色を示した。最終的に官邸及び外務省の訪問日を5日に指定されて落着した。




(2)期間




  平成27年6月1日(月)〜5日(金)の5日間




(3)来訪者




  ラマーズ団長(ドイツ下院議員、元NATO PA会長)以下、議員16名、その他随員等(事務局3名、議員随員1名)4名、計20名  




(4)訪問先




  NATOのコンタクト大使館であるドイツ大使館の努力により、東京財団、政策研究大学院大学及びアデナウアー財団のアポが取り付けられ、当方は初めて訪問する原子力規制庁をはじめとし官庁関係及び江戸東京博、記念館三笠並びにバスの予約取り付けを担当した。




2.成果  




(1)NATO PA訪日団は、6月1日(月)〜5日(金)の間に、予定された総ての訪問を実施して、6日(土)以降それぞれが帰国の途に就いた。




(2)日米欧総合安全保障議員協議会の会員議員との意見交換については、ワーキングランチの形式で最終日の昼食時に実施されたが、ラマーズ団長は、時期に適した題目に対する意見交換に満足の意を表明され、更に当事務局の支援に感謝の言葉を述べたことは、当方の厚意が先方に伝わっていると感じた。




(3)時あたかも集団的自衛権議論にともなう安保法制議論の時期であり、この時期の訪日は、日本の安全保障環境を理解するのに極めて時宜を得たものであり十分な成果を上げたものと考える。




1





3.所見




(1)訪日第一目の行事としてのドイツ大使による日本の政治環境のBRは、クールビズから安保法制にまでわたり極めて的確であった。




(2)防衛省におけるBRは、日本側最初の説明であることに加えて川野防衛政策局次長による流暢な英語及び仏語による説明は、訪日団に十分な理解を与えその後の質疑応答も満足のようであった。




(3)海上自衛隊自衛艦隊訪問は、トルコ艦エルツールル号関連の行事で多忙を極めており、艦艇見学は実現しなかったが、自衛艦隊司令部幕僚長のBRがあり、驚いたことには、仏議員のフランス語による質問にフランス語で対応されたことは、自衛隊ではなかなか期待し得ない一幕であった。




(4)ただ米海軍訪問は、どちらが担当するかの誤解により当方の申請が5月20日と期限が切迫しており、最終的には計画が合わないとの理由により却下された。


  


(5)外務省、官邸の訪問は、最終日になったこともあり、特に園浦外務政務官は質問歓迎の意を事前に通知したため、極めて異例ではあったが、BR抜きのQ&Aとなり訪日団の謝意を得た。




(6)江戸東京博、記念館三笠も初めての視察計画であったが、江戸東京博では、ボランティア・ガイドドの貼り付け、記念館三笠では、日露戦争の経緯を含み日本海海戦の経過更に三笠の爆沈事故まで古宇田顧問(元海自幹部)より英語で判りやすい説明を受けた。




(7)町村前衆議院議長の葬儀と言うハプニングがあり、大島衆議院議長表敬は取り止めとなったほか


は関係各位の協力により円滑に計画は遂行され、十分な成果を得たものと思料する。




(8)訪問先は、それぞれ極めて多忙な時期であったにもかかわらず、訪日団を積極的に応接頂いたもので、BR内容に加え、質疑に対する応答も極めて適切であり、その対応に、感謝申し上げるべきと考える。




2





U 訪日団の構成




  NATO PAより、議員16名、随行者1名、事務局3名、計20名が来日された。


そのほか日本側からは、当事務局から3名が支援にあたるほか、日本の通訳会社が日程により異なる派遣人数であったが総数5名による日・英、日・仏の通訳サービスを行ったほか、イタリア議会が直接日本の日・伊、英・伊通訳と契約を結び、訪日団は総勢29名となった。




以下細部について記述する。




@ NATOパートナーシップ小委員会役員



役 職
出身国
氏   名
1
委員長
ドイツ
カール・A.・ラマーズ Mr. Karl A. LAMERS
2
報告者
リトアニア
サ・ジュクネヴィチェン Ms. Rasa
JUKNEVICIENE


A 北大西洋条約機構加盟国国会議員会議(NATO PA)



役 職
出身国
氏   名
1
副議長
イタリア
パウロ・アリ  Mr. Paolo ALLI
2
前議長
イギリス
ヒュー・ベイリィ  Mr. Hugh BAYLEY


B 代表団員



役 職
出身国
氏   名
1
議員
チェコ
イアン・ファルスキィ  Mr. Jan FARSKY
2
汎大西洋関

小委委員長
デンマー
ジョン・ダービィ・ポールセン


Mr. John Dyrby PAULSEN

3
議 員
フランス
グイーミハエル・ショウビュ



Mr. Guy-Michel CHAUVEAU
4
議 員
フランス
ギルベルト・ロジェール Mr. Gilbert
ROGER
5
議 員
ギリシア
クリストス・カラジャンイデス



Mr. Christos KARAGIANNIDIS
6
議 員
イタリア
ブルーノ・センソア Mr. Bruno
CENSOR
7
汎大西洋安



小委副委員
ポーランド
アンジェイ・シェヴィンスキ 



Mr. Andrzej SZEWI?SKI
8
汎大西洋関



小委副委員
ポーランド
ヤドヴィガ・ザクシェフスカ Mr.
Jadwiga
ZAKRZEWSKA
9
議 員
ポルトガ
マニュエル・コレイア・デ・ヘスス



Mr. Manuel CORREIA DE JESUS
10
政治委員会



委員長
ポルトガ
ホセ・レロ Mr. Jose LELLO
11
議 員
ルーマニ
アリナ・ゴーチュウ Ms. Alina
GORGHIU
12
議 員
イギリス
デイビッド・クロスビィ Mr. David
CRAUSBY


C 代表団議員随行者



役 職
出身国
氏   名
1
スタッフ
イタリア
パオラ・コラヂニ Mr. Paola
CORRADINI


D 日米欧総合安全保障議員協議会



役 職
氏   名
備 考

参 与
鈴木 正
元参議院議員 元事務局長
1
事務局次長
二宮 隆
元空将補
2
事務局次長
山本 隆
元空将補


3





E NATO PA国際局



出身国
氏  名

氏    名
1
政策担当



副事務総
ルーマニア
ルサンドラ・ポパ Ms. Ruxandra POPA
2
政治委員



事務局長
ドイツ
ステファン・ザッハ Mr. Steffen
SACHS
3
調整担当
イギリス
スザンナ・パワー Ms. Susanna POWE


F 通訳





役 職
氏   名
勤務日
1
日英通訳
タケヤマ・ヨシコ  Ms. Yoshiko
TAKEYAMA
3日及び4日
2
日英通訳
ミドリ・オオタ Midori OTA
5日
3
日仏英通
カルタン・直子 Ms. Naoko CARTAN
1日、2日、4

及び5日
4
日仏英通
カミーユ・小川  Ms. Camile OGAWA
全期間
5
日仏英通
アレクサンドラ・ジロード



Ms. Alexandra GIRAUD
3日、4日及



5日
6
イタリア語
通訳
リカルド・アマディ Mr. Riccardo
AMADEI
全期間




注 :1 議員 16名(役員4+団員12)


   2 随行  7名(議員随行1、日本3、NATO PA3)


   3 通訳  6名(3〜5名同行で、変更の可能性有)


    計    29名(NATO PA訪日者20名 日本側同行3名及び通訳6名)






V 実施日程




第1日目[27.6.1(月)]ドイツ大使館、防衛省、防衛省主催歓迎レセプション




第2日目[27.6.2(火)]東京財団、政策研究大学院大学




第3日目[27.6.3(水)]海上保安庁資料館横浜館(北朝鮮スパイ船展示)、


                海上自衛隊自衛艦隊司令部記念館三笠




第4日目[27.6.4(木)]原子力規制庁、浅草見学、江戸東京博物館見学、


                アデナウアー財団、アデナウアー財団主催歓迎レセプション




第5日目[27.6.5(金)] 衆議院議長表敬(直前に取りやめ)、


              日米欧総合安全保障議員協議会会員とのワーキングランチ、


              外務省、総理官邸




4





W 訪問先における細部状況






第1日目[27.6.1(月)]




1.ドイツ大使表敬及び意見交換                 ドイツ大使館


〒106-0047 東京都港区南麻布4-5-10  Tel 03-5791-7700




(1)訪問時刻 10:00〜13:00




(2)ハンス・カール・フォンヴェアテル大使のBR




        ・ 日本の現状、70年談話


       ・ 安保防衛政策の審議状況、シャングリラ会議


       ・ 中国政略の陰、韓国の嫌日、ウクライナ問題


       ・ 新安保立法




   ビュッフェ・ランチ








写真1 大使館におけるBR








写真2 ビュッフェにおけるラマーズと大使の挨拶




5





(3)所見




   大使のブリーフィングは、独大の要望で訪問団議員とのクローズドの内輪のものとして、当初日本側同行者の参加は拒否されたが、これまで昨年10月のオランダ大使館における内輪の懇談会も、平成12年10月のドイツ大使館における内輪の懇談会には、当方からの参加が認められていたとの異議に対して、特に例外としての同席が認められた。先方の申すとおり信頼の証とのことである。




   大使のBRは、わが国のクールビズから安保理立法問題に至るまで、すべてを網羅しており、訪問団に事前の適切な情報提供となっていると考える。






2.防衛省表敬及び意見交換                      防衛省


〒162-8801 東京都新宿区市ヶ谷本村町5-1  Tel 03-3268-3111




(1)訪問時刻 14:00〜16:00




(2)表敬及び議題 


        佐藤 章 防衛副大臣表敬


        河野 章 防衛政策局次長によるBR


       ・ 日本の防衛政策(安保法制、新たな日米ガイドライン等)


       ・ 自衛隊の態勢   




(3)所見   


   NATOと価値観を共有している国であり、自由主義国として存続を続ける国である。海賊対処にも協力しておりTF151の司令官を日本から差し出し、NATO本部にも女性自衛官を、派遣する等の事例を説明し今後の協力を期待する旨の発言は、好感をもって迎えられたと考えられる。








写真3 防衛省A棟入口








写真4 防衛省におけるBR




3 防衛副大臣主催歓迎レセプション        ホテル ニュー オータニ


〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1  Tel 03-3265-1111




(1)実施時間 18:30〜20:00




(2)所見   


   今回は、外務省が歓迎レセプションを実施しないこととしたため、後述のアデナウアー財団共々2回の開催となった。毎夜のレセプション接待は、先方からの余裕がないとの意向もありおおむね適切な回数ではないかと考える。








写真5 佐藤章副大臣の挨拶








写真6 ラマーズ団長とのショット




6





第2日目 [27.6.2(火)]




1.NATO公共外交部行事:東京財団訪問及び意見交換


          東京財団


〒107-8188 東京都港区赤坂1-2-2  Tel 03-6229-5501




(1)訪問時刻 10:00〜12:00 




(2)議題   


     10:00〜10:05 開会挨拶


     10:05〜10:50 セッション1:日本の政策の変遷


       ・渡辺恒夫政策研究ディレクター兼上席研究員:「安倍首相の訪米」


       ・山口昇上席研究員(元陸将):「安全保障関連法律制度」


       ・秋山昌廣理事長:「海洋安全保障」


       ・福島安紀子上席研究員(博士):「平和への事前対策」




     10:50〜11:05  コーヒー・ブレーク




     11:05〜11:50 セッション2:地域安全保障と特別な事柄


       ・鶴岡路人研究員:「日本・NATO関係」


       ・畔蒜泰助研究員:「日本・ロシア関係」


       ・小原凡司研究員政策プロデューサー:「日本・中国関係」


       ・浅野貴昭研究員:「通商政策」


    


     11:50〜閉会挨拶




(3)所見 


   東京財団は、秋山理事長を筆頭としてのそれぞれの分野における専門家を網羅してのBR 対応であり、その受入熱意を伺わせるのに十分であった。


   秋山理事長の専門分野である海洋安保から、安倍訪米、大学で3時間かけて説明したものをここでは3分で説明しなければならないので精粗が問われるとのジョーク付安保立法、流行語となっている積極的防衛貢献、日本−NATO関係、日露、日中、貿易問題と極めて多岐にわたり、日本の安保環境を理解させたものと考える。








写真7 秋山理事長の挨拶








写真8 ラマーズ団長の挨拶




7









写真9 演壇上の5人のブリーファー








写真10 熱心に聞き入る訪日団




2.政策研究大学院大学訪問及び意見交換          政策研究大学院大学


〒106-0032 東京都港区六本木7-22-1  Tel 03-6439-6000




(1)訪問時刻 14:00〜16:00




(2)議題


       ・中国


       ・新たな国家安全保障関連法




(3)所見  


   道下政策研究大学院大学教授による日本の安全保障環境、特に北朝鮮について脅威が強調されたBRであった。高原東大教授のBRは、中国の現状を的確に説明され一堂に中国への認識を改めさせたと考える。








写真11 ラマーズ団長の挨拶








写真12 道下教授のBR




8





第3日目[27.6.3(水)]




1.海保庁資料館横浜館 北朝鮮工作船一般見学


海上保安資料館 横浜館


〒107-0052 横浜市中区新港1-2-1 Tel 045-662―1185




(1)訪問時刻  10:30~11:30




(2)議題    北朝鮮の工作船の見学




(3)所見   


  本見学は、米海軍の見学が却下される場合を想定して予め予定していたものであるが、予備の訪問予定であるとの調整は失礼であるので、調整は実施していなかった。米海軍の受入拒絶が確定したことにより、代替え案として訪問したが、調整の日時が余りにも少なく表敬・BRは要請せず、一般訪問とし、唯、案内を依頼したが、気持ち良く受け入れてくれたことに感謝したい。北朝鮮の活動ぶりを欧州からの訪日団のメンバーに十分な理解を与えたものと考える。








写真13 海保庁における説明










写真14 見学する訪日団の一行






2.海上自衛隊 自衛艦隊司令部訪問        海上自衛隊 自衛艦隊司令部


〒237-0076 横須賀市船越町7-73  Tel 046-861-2821




(1)訪問時刻    13:30~14:30 




(2)議題   海上自衛隊の態勢について




(3)所見


     海上自衛隊は、トルコのエルツールル号遭難125年の記念行事を盛大に挙行しており、海幕長は招待したトルコ海軍司令官と同行接遇しており海幕は多忙を極めていた。このような時期にも関わらず海自は、艦艇の見学は拒否したものの自衛艦隊司令部の幕僚長にNATO PA訪問団を接受させ訪日団の希望を満足させた。英語によるBRは当今当然としても、仏議員のフランス語による質問に平然としてのフランス語による応答ぶりは自衛隊においてはあまり例を見ない事例であった。自衛隊の国際化の一例ともいえるであろう。




9









写真15 自衛艦隊司令部幕僚長の説明








写真16 交流






3.記念館「三笠」訪問                           記念館「三笠」


               〒238-0003 横須賀市稲岡町82-19 Tel 046-822-5225




(1) 訪問時刻   10:00〜11:30




(2) 内容記念艦三笠の見学




(3) 所見     


   昨今、時に司馬遼太郎の「坂の上の雲」などで話題になることはあるものの、あまり日本では話題にならない完勝した日本海海戦の旗艦三笠を見学させ、先人の偉業を見てもらったことは意義深いものであった。








写真17 三笠の全景








写真18 BRに聞き入る訪日団の一行




10





第4日目[27.6.4(木)]




1.原子力規制庁表敬及び意見交換              原子力規制庁


〒106-8450 東京都港区六本木1-9-9  Tel 03-3581-3352




(1)訪問時刻    10:00〜11:30




(2)議題


       ・東日本大震災における原発被害、


       ・法的規制の強化及びその効果




(3)所見 


   原子力規制庁は、藤田国際室長から原子力規制庁発足の由来、現在の規制の作業、福島第1原発の状況及び現在の活動について説明を実施させた。今回の訪日団の興味はNATOとの協力を如何に拡大させるかにあったが、東日本大震災と福島原発の問題にも関心を有しており、適切な訪問先であったと思われる。








写真19 藤田室長の説明








写真20 説明に聞き入る訪日団






2.浅草の自由見学と昼食   12:00-13;30




  外国人観光客にとって最大の観光地は浅草である。江戸最古の寺院を見学してもらい日本の文化の一端に触れてもらったと考える。








写真21 浅草寺








写真22 そばを喫食する一部の訪日団員




11





3.江戸東京博物館見学                     江戸東京博物館


〒130-0015 東京都墨田区横綱1-4-1  Tel 03-3626-9974




(1)訪問時刻          14:00〜15:30




(2)館内見学


  議題都営の広壮な博物館において、語学の知識を有するボランティアの案内を受け、設備の整った館内を見学した。  




(3)所見


  昭和の日本は、戦前の貧困と戦後の繁栄の二極構造の社会である。江戸の文化と昭和を見せて、訪日団員の意識に新たな日本観を醸成したものと考える。








写真23 見学中の訪日団員








写真24 ご満悦の訪日団員  


              




4.アデナウアー財団(KAS)主催シンポジウム   ホテルニューオータニ


〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1  Tel 03-3265-1111




(1)開催時刻  16:00〜18:00




(2)議題 


       挨拶  KAS日本事務所代表 ポール・リナーツ氏          


        「アジア・太平洋における安全保障への挑戦と日本の安全保障政策」


           国家安全保障局カウンセラー 吉岡 毅1佐


     「アジアの変動する地政環境に対する日本の戦略ヴィジョン」


           防衛省防衛研究所特別研究官(政策シミュレーション担当)吉崎 知典教授


        閉会挨拶          ポール・リナーツ氏




(3)所見  


  訪日団が関心を有しており事前に要請された事項であるが、内閣官房国家安全保障局や防衛研究所から講師を招聘しているあたり、アデナウアー財団の日本官庁への食い込みぶりを見ることが出来る。








写真25 シンポジウム会場








写真26 吉岡1佐・団長・リナーツ代表




12





5.アデナウアー財団(KAS)主催レセプションホテル ニュー オータニ〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1  Tel 03-3265-1111




(1)実施時間 18:00〜20:00




(2)所見   


  今回は、外務省が歓迎レセプションを実施しないこととなり、後述のアデナウアー財団共々2回の開催となった。毎夜のレセプショウン接待は、先方からの余裕がないとの意向もありおおむね適切な回数ではないかと考える。








写真27 リナーツ代表の挨拶








写真28 訪日団との懇談状況




13





第5日目[27.6.5(金)]




1.日米欧総合安全保障議員協議会会員との昼食・懇談    参議院議員会館B104会議室


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1参議院議員会館 Tel 03-3581-3111




(1)開催時刻  12:00〜13:00




(2)議題 


  相互に紹介を実施した後、長島幹事長兼事務局長の司会により、質疑応答が行われた。




(3)所見  


  昨年6月の来日に加え、今年3月の議員交流計画で来日したベイリー卿を始め、今年4月の訪欧で再会を果たした議員も多く、旧知の仲間の会合と言う一面が見られるようになったことは、交流の成果が上がったものと考える。








写真29 ラマーズ団長の挨拶








写真30 長島幹事長の歓迎挨拶








写真31 一同の集合写真




14





2.外務省表敬・懇談                             外務省


            〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1  Tel 03-3580-3311




(1)訪問時刻     14:00〜14:50 




(2)議題    ・日本の外交政策及び地域外交政策、


          ・国際協力、


          ・NATO関係についてのBR




(3)所見




   園浦健太郎外務大臣政務官は、事前に今回の会議では、すでに訪問先でのBRを聴取していることでもありご質問に答える方式で実施したい旨申し越しており、簡単な挨拶の後、直ちに質疑応答に入った。訪日団の団員は、日本の安全保障政策から中国の海洋進出、北朝鮮のミサイル、日本の安全保障法制に加えて、NATOとの協力の問題にも幅広い質問をしており、この方式の有効性を感じさせられた。








写真32 園浦外務政務官の挨拶








写真33 会場の訪日団員




3.総理官邸表敬及び意見交換                   総理大臣官邸


〒100-0014 東京都千代田区永田町2-3-1  Tel 03-3581-0101




(1)訪問時刻 11:10〜11:30の予定が15:25〜15:45に変更された。




(2)議題        日本の直面する安全保障に関する問題と対応




(3)所見




  加藤官房副長官より議題についての説明があり、その後、訪問者からの質問に答える形式で実施された。訪問団は内容について十分に内容を理解し、その懇切な説明に満足した。




  総理官邸訪問が最終行事になることの是非は別として、一行はその訪問目的をまさに達成せんとする瞬間でもあり、日本の安全保障環境を理解する上での総括として極めて適切な質問を実施しているとの感を持った。








写真34 訪日団と歓談する加藤官房副長官








写真35 総理官邸における懇談




15





NATO PA秋季総会のご案内




標記につきまして、未だNATO PAの事務局から、正式な連絡は頂いておりませんが、次のとおり計画中とのことです。取り敢えずご案内申し上げます。




1.開催月日  平成27年10月10日(土)〜12日(月)




2.開催場所  ノルウェー王国 スタバンゲル市


                 (オスローから西へ約400キロ、ノルウェー海に面しております。)




3.招聘人数  3名




4.経費          自己支弁




5.宿泊     NATOPA指定のホテルは、案内時に予約期限を指定してまいります。


                 通常2か月ぐらい前になります。




6.その他    ご関心のある方は、事務局にご連絡ください。












日米欧総合安全保障議員協議会会報


27−3号




北大西洋条約機構国会議員会議(NATO PA)


訪日団に対する支援に関する報告






平成27年6月




発行者    日米欧総合安全保障議員協議会




会長  衆議院議員  中谷 元


東京都千代田区永田町2-1-2  衆議院第二議員会館1222
号室


Tel 03-3508-7486  Fax 03-3592-9032




幹事長   衆議院議員    長島 昭久


東京都千代田区永田町2-2-1  衆議院第一議員会館510
号室


Tel 03-3508-7309   Fax 03-3508-3309




事務局長      幹事長が代行








16