日米欧総合安全保障議員協議会


日米欧総合安全保障議員協議会

TOP

概要

役員

会員名簿

規約

最新情報

勉強会

今後の予定

会報


北大西洋条約機構国会議員会議
(NATO-PA)

概要

交流実績

NATO Parliamentary Assembly

NATO



                     


日米欧総合安全保障議員協議会  NATO Parliamentary Assembly


27−2号


会報


平成27年度年次総会・記念講演実施報告




T 年次総会




(第1号議案)平成26年度成果報告(案)


(第2号議案)平成26年度収支報告(案)


(第3号議案)平成27年度事業計画(案)


(第4号議案)平成27年度予算(案)


(第5号議案)役員人事(案)




                   U 記念講演




演題:『ウクライナ問題を巡るロシアの地政戦略と日米欧の対応』


講師:元在オランダ大使   東郷 和彦 氏




平成27年5月15日(金)12:00 〜 13:00


衆議院第一議員会館地下1階「第二会議室」



  会員ご多忙中のところ、また、当日午後からの衆議院本会議を控える中、会員17名、代理者等15名の出席を得て、平成27年度年次総会・記念講演を開催致しました。


  


  年次総会においては、5議案が円滑に審議され承認されました。また、記念講演会においては、ゲスト・スピーカーとしてロシア、ヨーロッパの歴史、地政学に詳しい元在オランダ大使の東郷和彦氏をお招きし、13時から衆議院本会議開催のため意見交換の時間が限られましたがロシア、ウクライナの歴史、地政学を踏まえた日本の対応について非常に示唆に富むご講演を頂きました。


  


  会員の皆様のご参考に供したく配布いたします。




     平成27年5月


                          日米欧総合安全保障議員協議会


                          事務局長 長島 昭久 衆議院議









目次




元在オランダ大使 東郷和彦氏のプロフィール                    1




☆ 司会挨拶                                      2


☆ 幹事長挨拶                                        2 


T 年次総会


(第一議案) 平成26年度成果報告(案)                       3


(第二議案) 平成26年度収支報告(案)                       3


(第三議案) 平成27年度事業計画(案)                       3


(第四議案) 平成27年度予算(案)                         4


(第五議案) 役員人事(案)                               4


「役員・会員の状況」等(報告)                             4




U 記念講演


1.講師の紹介                                       "


2.記念講演                                           5


(1)ウクライナの地政学                                  6


(2)ウクライナの前史                                    7


(3)ウクライナ近現代史                                 8


ア 二つのウクライナ                                   8


イ 第一次大戦及び第二次大戦とウクライナ                     9


ウ ロシア連邦の成立と奇跡的なウクライナの独立                  9


エ 独立の奇跡とその後のウクライナとロシア                      10


オ ウクライナ動乱と米欧の態度                                  11


カ ポロシェンコが目指すものと米欧の対応                       12


(4)ウクライナ問題と日本の外交                                 12


  ア プーチンの再選と日本                               12


イ ウクライナ問題と日本の外交                                  14


(5)日本がとるべき対応                                15




☆ 挨拶・謝辞                                       17







元在オランダ大使 東郷和彦氏のプロフィール








生年月日1945年(昭和20年)1月10日




学歴    1968年 東京大学教養学科国際関係論卒 


       2009年 ライデン大学で博士号(人文科学)




現職    京都産業大学教授・世界問題研究所長、静岡県対外関係補佐官




主要な職歴 1968年 外務省入省


1969年 英国陸軍教育学校及びロンドン大学スラヴ東欧研究所でロシア語及びソ連


       事情を研修


1972年 在ソ連邦日本大使館三等書記官、


1974年 調査部分析課              


1976年 条約局条約課


1979年 OECD日本政府代表部一等書記官


1981年 在ソ連邦日本大使館一等書記官


1984年 経済局国際エネルギー課長      


1986年 倉成正外務大臣秘書官


1987年 経済局書記官            


1988年 欧亜局ソ連邦課長


1992年 在米国日本大使館総括公使


1994年 在ロシア連邦日本大使館次席公使


1996年 欧亜局審議官、           


1997年 大臣官房総括審議官


1998年 条約局長、            


1999年 欧亜局長


2001年 在オランダ大使


2002年 外務省退官、ライデン大学講師


2003年 ライデン大学付き国際アジア研究所教授フェロー


2004年 プリンストン大学東アジア研究学部講師兼研究員


2006年 淡江大学(台湾)大学院日本研究所客員教授


2007年 カルフォルニア州立大学サンタ・バーバラ校政治学部客員教授


2007年 ソウル国立大学国際研究大学院客員教授


2008年 テンプル大学ジャパン・キャンパス客員教授


2009年 京都産業大学客員教授


2010年4月より 京都産業大学教授・世界問題研究所長


2011年4月より 静岡県対外関係補佐官




執務上の使用可能な言語      英語、ロシア語及びフランス語




1





☆ 司会挨拶




   先生方、お疲れ様でございます。各委員会が立っている中、また、大変お忙しい中、NATO PAの総会にご参加頂きましてありがとうございます。


   お食事はそのまま続けて下さい。


   それでは早速始めたいと思います。








   私は幹事長と事務局長を兼務しております長島昭久です。


   本日は、会長中谷防衛大臣は欠席、それから、玄葉副会長は都合により少し遅れております。






☆ 幹事長挨拶




   私の方からご挨拶を申し上げたいと思います。本日は講師に東郷和彦先生をお迎えしております。


   


   先生は、ロシア、ヨーロッパについて本当のご専門です。元オランダ大使の東郷先生から、後ほどじっくりお話しを伺います。ウクライナ問題或はロシアの地政戦略、このあたりのところを勉強させていただきたいと思います。




   その前に総会でございますので、議事を少しすすめさせていただきます。


平成26年度におきましては、6月にNATO PAの訪日団約30名の皆様が来られ、議員交流を行うとともに東京、岐阜及び神戸の各地を訪問されました。先生方にはお礼を申し上げたいと思います。それから、11月にはオランダで行われましたNATO PA年次総会に2名を派遣いたしました。また、今年から新たな事業ということで、政策研究大学院大学との共催によりNATO PAの議員と当協議会議員との議員交流がめでたく開始することになりました。平成26年度は3月に議員等4名が訪日され第一回目の議員交流を行いました。平成27年度は、すでに4月末に第2回目の議員交流がベルギー・ブリュッセルにて行われ、本日お見えになっておられます三原会員、大野会員、二宮次長に行って頂きました。来月6月にはNATO PA政治委員会の議員等30名が来られ、また、10月にはNATO PA年次総会にこちら側から数名の議員派遣を予定していますので、どうぞわれこそはと思われる先生方是非参加頂ければありがたいと思います。




   総会におきましては、これから約10〜15分程度で議案をご審議頂きたいと思います。総会終了後、東郷大使から、「ウクライナ問題をめぐるロシアの地政戦略と日米欧の対応」という演題でご講演を頂くことになっています。大使、どうぞよろしくお願いします。その後、意見交換を行いたいと思います。




2





T 年次総会




   それでは総会を始めます。


   


   本総会では、審議案件であります第一議案から第五議案及び報告事項をすべてご報告致しまして、そのあとご審議・ご採決を頂きたいと存じます。




   (第一議案) 平成26年度成果報告(案)




   (第二議案) 平成26年度収支報告(案)




   (第三議案) 平成27年度事業計画(案)




   (第四議案) 平成27年度予算(案)




   (第五議案) 役員人事(案)




  (年次総会細部略)








3〜4





U 記念講演




1.講師の紹介




   本日第二のスケジュール、勉強会に進ませて頂きます。


   本日の講師は、先ほどもご紹介致しましたが、元在オランダ大使の東郷和彦氏です。








   講師のご経歴はお手元にお配り致しておりますのでごく簡単にご紹介させて頂きます。


   大使は、東京大学をご卒業後、ライデン大学にて博士号を取得されておられます。


海外では、ソ連、米国、オランダ等にて大変貴重なお仕事をされ、また、外務省本省においても条約局長や欧亜局長等を務められました。


   ご退官後は、世界各地の有名な大学等にて客員教授として勤務され、現在は京都産業大学教授、世界問題研究所長及び静岡県対外関係補佐官として大活躍されておられます。


   それでは、本日の演題であります、「ウクライナ問題をめぐるロシアの地政戦略と日米欧の対応」についてお話を伺います。


   では、大使、どうぞよろしくお願い致します。




2.記念講演




   ご紹介に預かりました東郷和彦です。よろしくお願いします。




   今日は「ウクライナ問題を巡るロシアの地政戦略と日米欧の対応」という演題を頂きました。最初に一言申し上げたいのですが、非常に難しい問題でありますが、今日はできるだけ率直に私の考えを申し上げたいと思います。多分今の日本政府の考え方と違っております。世界の大勢と違っているかというと、アメリカ、オバマ政権を中心とする世界の大勢の見方とも違っております。アメリカの一部には私と全く同じ考えの人もいますが、多数を形成しておりません。ということで、お聞き苦しい点、挑発的だと思われる点もあるかもしれませんが、是非よろしくお願いします。




   多分一番考えなければいけないのは、ウクライナ問題を巡って、アメリカ、ヨーロッパそれから日本がどういう対応をすべきか、という本日のテーマの後段の部分ですが、それを考えるためには、ウクライナ問題というのはそもそも何なのかということを考えなければ基礎ができません。




   最初に私が見るウクライナ問題をできるだけ簡潔にみてから、その対応に進みたいと思います。なお、本日は、皆さんにもこのパワーポイントと同じものをお配りしてあります。








(1)ウクライナの地政学




   まず、ウクライナの地政学ですがまずこの地図は本当に大事だと思います。ロシアから見て一体ウクライナとは何か、この地図を見ると大体わかります。




   ロシアとヨーロッパをこの地図で確認できます。ロシアとヨーロッパとの間に、ウクライナとポーランドを結ぶ線をひくか、ウクライナとベラルーシ、バルト三国を結ぶ線を引くかは選択の余地がありますが、いずれにせよウクライナが大きなスペースをとってロシアとヨーロッパの間に存在している、この地政学というのは揺るがないわけであります。




   そこでロシアをどう見るかによるのですが、ロシアを大国として認めるのであれば、ロシアの一定の勢力圏のもとにあるウクライナというものを認めてやるということが地政学の根本であると思います。




   このウクライナでのいろいろな難しい状況の中で、ウクライナもヨーロッパと同じ価値を共有する、西側の民主主義と同じ価値を共有しようとする動きがウクライナにあります。しかし、そのことをもってロシアにとってこのウクライナが友好的でない国、特に安全保障の面で、NATOに加盟するようになることは、ロシアの今の大国としての勢力圏の発想からすると受け入れられないというのが問題の根本にあります。どちらかというと、オバマ政権はウクライナを様々な理由によって西欧と同じ価値を共有する国にして行こうとしています。




   一部の世界の学者は、例えばシカゴ大学のミアシャイマーという先生は、そうではなくて、大国としてロシアの地政学上のウクライナの位置というものを認めてやろうではないかというところから議論しているわけで、いま起きていることを一言で言うと、その二つの考え方があり、意見が真二つになっている、というのが現在の状況だと思います。




6





(2)ウクライナの前史








   この地政学の問題に加えて、歴史の問題があり、ロシア人にとってウクライナはどういう感覚で捉えられているのか、私なりにロシアをずっと勉強してまいりましたので、二、三申し上げたいと思います。ロシアの歴史というのは、4−3−2−1で表現することができます。




   800年から1200年、これは400年ですが、これが最初の4です。


ロシア人の歴史はこのキエフ公国から始まります。ここには民会と言う民主的な制度があり、東方教会をうけ継いだ。日本人に例えていえば「京都」のようなところで、このキエフ公国(ウクライナ)という歴史がロシアと全く離れた存在になっていくということはロシア人にとっては耐えられないことです。ロシアの歴史を更に下りますと、次にモンゴルのタタールの侵略があり、これが約300年続く、次の3です。タタールを打ち破って出てきたのがモスクワ公国で200年続きます。次の2です。ここでタタールの専制政治とその流れを受けたイワン雷帝のようなモスクワの専制政治の歴史が始まります。モスクワ公国の後、1700年から約100年、最後の1ですが、ピーター大帝が現れ、ロシアを一挙に世界水準の西欧なみの強い国にしようとします。多分世界史上、一人の人間がやった実績としては一番大きなことをやった大帝の時代がありました。




   その後、19世紀ロシア帝国という、政治力の面でも、文化の面でも、絢爛豪華なロシア帝国ができます。ロシア帝国になって、みんな覚えているのが1850年ごろにあったクリミア戦争です。クリミア戦争というのは、トルコとイギリスとフランスが組んでロシアと戦って、ロシアが負けたというロシア人にとっては、屈辱的な、しかし、19世紀のロシアの、例えばトルストイにしても、或はいろいろな画家にしても、ロシア人の心の中に残っている民族の叙事詩です。その思い出というのは、日本人の感覚で言いますと、源平の壇ノ浦とか或は関ヶ原とかそういうものに匹敵する思い出なのだろうと思います。このパワーポイントの絵はほとんどのロシア人が何を言わなくても心の中に持っているものであり、そういう民族のDNAの中にそのようなものを持っているロシア人が、今のウクライナをどう見るか、キエフをどうみるか、或はクリミア半島をどう見るかというようなところを理解してやらないとこの問題は非常に難しいのではないかと思います。






(3)ウクライナ近現代史


ア 二つのウクライナ








   現代のウクライナですが、最も大きな問題は、東と西の二つのウクライナが存在することです。ポーランドにくっついているこの辺の西部ウクライナ、ガリツィア地方というルボフと言う街を中心とする地域と、キエフを含む東部ウクライナと、ウクライナという国が二つに分かれているといっていいほど違います。




   政治的にいうと、このガリツィアの方は、元々ポーランドと含むハプスブルク王朝の下で支配されていました。言葉もウクライナ東部に住んでいる人々は、みんなロシア語を使っているのですが、西部はウクライナ語を使っており、同じスラブの系統の言葉ですが、私は聞いていて西部の方が喋っている言葉は、何を話しているのかわかりません。また、宗教についても、東部の方はギリシャ正教に端を発するロシア正教をキエフが採択し、その宗教の出発点にもなっていますが、西部の方は、カトリック系のロシア正教、非常に特殊な宗教であり、ローマ教会に属するロシア正教というここにしかない特殊な宗教です。








   政治においても、宗教においても、また、言葉においても、違った文化、それぞれの異なる背景を持った二つのウクライナがあるという状況で、ウクライナの近代史が始まるわけです。




8





イ 第一次大戦及び第二次大戦とウクライナ




   その近代史の中で最も大変だったことが二つあります。




   第一次的世界大戦でロシア革命が起き後、一時期、ソ連は非常に弱くなります。そのソ連、赤軍ですね。それが東部ですね。これに対して西部のウクライナ人がここで自分たちの支配力を強めようとして最初の戦争が起きます.




   その後、結局、レーニン、スターリンを通じてソ連というのが強くなって、東部ウクライナはソ連のもとにおかれ、ここで相当激しい戦いをして、西部の人たちがたくさん殺され、ガリツィアのウクライナの人達が、アメリカかとカナダに逃げます。




   一応それが収まった後に、今度は第二次世界大戦でヒトラーのソ連への侵攻が起き、その時ヒットラーは、軍隊を3つに分け、モスクワに対する中央突破と、レニングラード、つまり、北を攻めるものと、最後に南からソ連を攻めるためにウクライナに攻めるものに分け、侵攻します。ウクライナに攻め込んできた時、西部のウクライナ人の一部が攻め込んできたヒットラーの軍隊と協力し、赤軍東部の連中と戦ったという非常に複雑な戦いが起きました.




   第二次大戦が終わったところで、今度はスターリンが完勝し、西部は大敗をし、初めて西部を含むウクライナがソ連領に入れられます。大敗をしたときに、また、多くの西部のウクライナの人達がアメリカとカナダに逃げます。




   従って、今のウクライナ問題が大変難しくなっているのは、特にカナダとアメリカで西部から逃げたウクライナ人たちが重要な国内上の選挙民となっており、オバマもカナダの首相も国内的なウクライナ人の意向を無視した外交ができないというところに実に難しい状況があるわけです。








ウ ロシア連邦の成立と奇跡的なウクライナの独立




   この中で1991年ロシア連邦が成立して、ウクライナが独立するわけです。私はこのことが起きた時、ソ連課長をしておりまして、その時の私を含むロシア・ウォッチャーのソ連観はソ連邦が割れていった時に最後に残るのはどこか、ウクライナ及びベラルーシが残るだろうと思っていました。なぜかというと、特に東ウクライナは本当にソ連と親戚のようなもので、そこがロシアと割れるということは考えにくい、最後はウクライナが残り、しかもロシアとウクライナが別れるときは本当に流血の戦争になるだろうと皆が思っていました。?


ところが、本当に歴史が面白いところなのですが、全く違ったことになりました。ソ連が崩壊して、ロシア連邦が成立したときに最初に独立したのがなんとロシア連邦とウクライナとベラルーシ、この三カ国、つまり最初に分かれましょうということをベロベシュクの森で合意しました。




9





   なぜそのような歴史の奇跡が起こったのかというと、ソ連国内の力関係からわかりますが、91年にロシア連邦が生まれた時最後のソ連邦の権力者はゴルバチョフでした。ゴルバチョフはなんとか連邦というのを残そうとした。非常にゆるい形でもいいから残してその先につなぐ、それに対して、エリツィンにはこれからの力の中枢はロシア連邦におく、ロシア連邦が力を持つことによって、ソ連の他の国々はパワー・ベースとして不必要であるとして、他の共和国を切ることによって、エリツィンの政治的な宿敵であったゴルバチョフを排除しようとします。




   エリツィンがゴルバチョフを排除するということと、ロシア連邦がウクライナの独立を認めますという、この二つがパラレルに動いたのです。その結果、奇跡が起きて、91年のロシア連邦の成立ということをむしろウクライナが助けて、ウクライナの中にその時はウクライナの独立という機運が盛り上がり、ウクライナの方もこのときは非常に幸せに独立したわけです。これが1991年であります。今からちょうど24年前であります。




エ 独立の奇跡とその後のウクライナとロシア




   ところが、この奇跡が起きたことが結局現在のウクライナの複雑な状況を作ってしまいました。なぜか、この独立を主導したのはクラフチェク、これを引き継いだのがクチマという大統領で、次に引き継ごうとしたのが親ロ派のヤヌコビッチ、そこまでのトップは親ロ派の大統領が続いていました。ところがこの時、ウクライナにアメリカとカナダから大量の移民が戻って来ています。この人達はみんな、親ロ派、ソ連、ロシアというだけで子供の頃から深い恨みを抱いてきたわけで、かれらが政府の中にも入ってくるわけで、そこで親ロ派の大統領と政治の中枢に入って戻ってきたアメリカ・カナダ帰りの西部系移民の人たちの構造的な対立がウクライナの中でできてしまうという複雑な状況の中で政治が推移しました。








   最初の噴火点が、2004年のいわゆるオレンジ革命です。ヤヌコビッチが親ロ派の後継者の代表として選挙をし、一回通るのですけれども、その選挙に不正があったということでやり直しがあり、もう一回選挙をやった結果、ヤヌコビッチが排除され、ユーシュチェンコという西部のガリツィア系の人が大統領になりました。親ロ系の人達の主張によれば「不正があったのでやり直すという」市民運動をやった背後にはアメリカの存在があった由です。アメリカというかアメリカから戻ってきた西部系の移民の力、それにアメリカがサポートしていたという事実が多分あったと思います。西部系の移民の人たちはこれで大喜びでしたが、ロシア系の人達はここで苦渋を舐めました。これが2004年に起き、プーチンはこのことにものすごく頭にきて天然ガスを止めるという荒療治をやりましたが、これはみんなに評判が悪くてあまり成功しませんでした。




10





   その次の選挙が2010年、ウクライナの政界の中に引き続きいたヤヌコビッチが選ばれました。ヤヌコビッチが選ばれたのは、西部系の候補ユーシュチェンコ大統領と、チモシェンコという女性の首相との二人がお互いの利害が調整できなかった結果、この両方が立候補し、西部系の人達の票が二つに割れヤヌコビッチが漁夫の利を得て当選したわけです。もし、チモシェンコに統一されていれば、たぶん当選したと思います。ヤヌコビッチが当選した結果、自分の政敵となったチモシェンコを逮捕して牢屋に入れ権力を固めたという、非常に荒っぽい政治をやっていたわけで、そのヤヌコビッチが出した1つの結論として、前任者のユーシュチェンコがやろうとしていたウクライナとEUとの経済協力協定を反故にし、ウクライナ、EU、ロシアとの連携をする協定案を2013年11月に出します。これに対して、ガリツヤ系の人たちがものすごく反発して、そこで13年11月からウクライナの情勢がものすごく騒然として来ます。




オ ウクライナ動乱と米欧の態度








   14年2月、いわゆるマイダン動乱が起こります。これは完全な市民戦争であり、3日間続きます。その後のことはマスコミが伝えておりますので、ごく簡単に振り返りますと、14年3月、マイダンの大動乱に対して、ロシアがクリミアを併合します。そして、東部ウクライナ、特にドネツク・ルガンスク二州をロシアの影響力の下においておこうという動きが出てくるわけです。




   これに対して猛反発したのが、オバマとカナダの総理大臣であり、アメリカ、カナダに主導されるEUの残りのG7、それぞれ思惑は少しずつ違いますけれども、やはりこの動きを許さないという動きになり、G7は今ウクライナで起きていることはウクライナの主権、領土に対する侵害、ウクライナとこれまで結んできた国際法諸条約への違反ということで、ロシアのG8からの排除、それに加えて少なくも5−6回の制裁を、ロシアの国際金融と貿易に触れるような制裁をかけ始めます。




11





カ ポロシェンコが目指すものと米欧の対応




   その状況の中で、去年14年5月、ポロシェンコという大統領が選ばれて一応ポロシェンコのもとにウクライナがまとまり、現在、ウクライナは三つのことを目指しています。




   一つは、先ほど申し上げましたが東部にロシア系のウクライナ人が固まっておりますが、この東部の二つの州、ドネツクとルガンススクに、ある程度の自治のステータスを与える、これはポロシェンコを含む政府の方もある程度認めていて、プーチンの目的もドネツクとルガンスの東部2州の自治についてどの程度きちんと取れるかということにもあり、一つの大きな課題となって進行しています。




   もう一つは停戦合意、とにかく自治の立場を認めるのと引き換えに停戦合意をするということで、これは去年の秋から停戦合意はされるのですが完全に守られたという状況にはなっていません。停戦合意をするたびに停戦合意を破ったのはロシアだという宣伝が出て、その度に制裁が強まるという少し変な状況が起きています。一番最近ではケリー国務長官が先日つい数日前にソチに行ってプーチンと外務大臣と話をして、停戦合意がなされれば制裁を解除しますと提言しているという状況もあります。




   もう一つ大事なのは経済の安定化であり、今日は政治の話を縷々申し上げましたが、しかし政治の根っこに経済があって、結局、先ほど申し上げたような東と西との対立の中で経済が安定化しない、ロシアの方は曲がりなりにも石油価格が上がったこともあってこの20年間安定した経済に向かって動いてきたのに対して、ウクライナの経済は安定しない、安定しないことによって、東と西の対立が更に悪くなる、この悪循環を折り返してきたわけです。




   これからのウクライナが、今の状況を脱するには今申し上げた東部2州の自治権をどの程度与えるのか、停戦合意をしたものが守られるか、経済をこれから安定化させるか、そのためにロシアからの天然ガスの供給をどうするかというようなことが焦点になっています。




   さて、西側の態度をもう一度まとめますと、プーチンのやっていることは国際法違反ということで、塁次の制裁をかけるということでやってきましたが、これを主導してきたのは、オバマ、それからカナダ、それに立場の差は少しあり少しニュアンスが違いますが、ドイツを含むヨーロッパもついてきているということで、一応G7の中のアメリカ・カナダ主導でドイツ、フランス等がついて来て動いているという状況です。




(4)ウクライナ問題と日本の外交


ア プーチンの再選と日本




   さて、問題はわが日本国はどう対応するかということですが、ウクライナ問題が起きた去年の2月の日露関係というのは重大局面に入っており、日露関係のこれまでの議論は省略しますが、プーチン大統領は2013年3月に4年ぶりに大統領として再選されました。




12





2001年以来8年間大統領をやり、実に世界の政治の中でもこんな例はないと思い


ますが、メドベージェフを大統領として自ら首相になり、4年間やり、その後12年の3月の選挙でもう一度大統領に返り咲きました。




   当選する3日前、日本との関係を一生懸命やりましょうということ記者会見で述べました。「大統領に当選したら日本との経済協力を進めたい、それからもう一つ領土問題を解決したい、解決する原則は引き分け」ということを言いまして、その時、朝日の若宮さんが「日本人は2島だけでは引き分けになりませんよ」と言ったら、彼は大笑いをして、「あなたは外交官ではないでしょう、私もまだ大統領に選ばれていません。しかし、私が大統領になったら、両国の外務省に対して「はじめ」と言って直ちに行動を始めましょう」と。大統領になることが決まっている人がここまで踏み込んでいうのかと本当にびっくりしました。




   そういう記者会見をして大統領になり、「はじめ」と言ったのですが、事実上日本側は動かなくて、動き始めるのは安倍政権になってからで、これはその年の12月に安倍首相が再選されて、ロシアを動かすことになり、13年の4月の安倍首相が訪ロします。これはなかなか見事な訪ロで、特に経済に関しては日本の財界のトップ50人ほどを連れて行き、少なくとも経済をやる気がありますよといういくつかの提案を含めて具体的なメッセージを出しました。それから安全保障面で、外務大臣と防衛大臣による2プラス2をやった。これまで、アメリカとオーストラリアとしかやったことのないものを3番目にロシアとやるということで、本当に驚きました。領土交渉に関しては双方に受け入れられる案を探しましょうということをコミュニケに書いた。






   さて、本当にこれから動き出すのではないかなという大きな希望を持ちました。それから1年間、動きは遅かったけれども色々なことなされました。その頂点は去年の2月7日のソチのオリンピックでした。世界の首脳の中でソチのオリンピックに行ったのは、習近平と安倍総理と、それから何故かオランダの首相、この3人だけでした。








   この3人の中でプーチンが一番気を使って対応したのは安倍総理でした。安倍総理だけに昼食会をやって、前の年に送った秋田県が送った秋田犬の「夢」という犬をわざわざクレムリンから連れてきて、「夢」と一緒に安倍総理を出迎え、きめの細かい配慮を見せ、私の印象では日本のマスコミを含めて、これは非常にいいことだと思いました。安倍総理はその時点では、勿論、習近平とも朴大統領とも対話がないし、オバマ大統領とは何度も会っているが、そりを合わせるのは難しいという中で、世界の首脳の中で一番個人的関係ができているのはプーチンだと全部の新聞はそう書いていました。そういう形で日露の関係が進んでいることは国民皆がいいことだということだと言っているような印象を受けました。




13





イ ウクライナ問題と日本の外交




   ところが、まさにそういうことで引き分けによる領土の妥結、経済協力を進めようということになった時に、ウクライナの問題が起きてしまったわけです。








  さて、私の理解する限りの、それから日本政府は安倍総理も含めてどういう対ロ政策をとって行ったかということについて述べます。




   日本には二つの立場があり、西側の一員としての立場、それからもう一つ、日露関係は大事という立場です。日本にとっては両方とも日本の国益なので両方やらせていただきますという対応です。




   西側の一員なので制裁には参加しますが、日露関係が大事なので、日本がかける制裁は他のアメリカやヨーロッパに比べて、時期が遅くてそれで中身も少ない。G7に対しては、「私は西側の一員なので制裁をきちんとやります、だけども日露も大事なので内容が小さくて遅いけれども勘弁して下さい」と。ロシアに対しては、「私は、あなたの関係が大事と思っていますので、かけている制裁は遅いし、また、内容は小さい、だけども、G7の一員なので掛けざるを得ないので許して下さい」、というようなことをやったとしか思えません。




   ところが、4回制裁をかけました。ロシアから見るとこれはやっぱり本当に大変な事態が起きているわけであり、ある意味では国家存亡の時期が起きている時に、ロシアの考えていることと根本的に違う対応をとる国とお配りしたレジメに書いているような引き分けによる領土交渉のようなことができるかというと、これはできません。できない結果として、日付に少し色をつけてありますが、3月18日の最初の制裁をかけた時は、「ちょっとびっくりした」、4月29日の制裁を掛けた時は、「本気かね」という反応がプーチンから返ってきました。




   この直後、5月に中国のCICAの会合が上海であり、中ロ首脳会談があり、プーチンがモスクワに帰って来た時共同通信の記者を含む記者会見があり、プーチンの方から「自分は領土交渉はやるつもりである、しかし、日本に領土交渉やるつもりあるかどうか自分にはわからない」更に「56年共同宣言というのを基礎に四島の問題を解決することを引き分けということでや




14





ろうと言っているが、こういう状況では日本がやれるかどうかわからない」ということを言いました。平場でプーチンがそのようなことを言うということは、我慢の限界に来ているということで、私はほとんど赤に近い信号が点いたなと思いました。






   その後、マレーシアの飛行機が墜落するという事件がありました。ロシアがそれに関与したという客観的な物証がない、誰も証拠をあげることできない状況で、7月の末に制裁をかけるのですが、日本はそれに遅ればせながら中身のない制裁に加わりました。8月5日の三回目の制裁です。その時にもうこれで終わったなと思いました。なぜかというと、マレーシアの飛行機に関して制裁をかけることは、ロシアに対する大義名分のない制裁であり、大義名分のないものに日本が乗ったのでもうここで終わったなと思いました。私の見るところ、去年8月以降、日露の交渉は全く動いていません。








   更に、9月24日、第4回目の制裁をかけました。日本側は、プーチンとの対話をつなぐため、関係者の皆さんは日露関係は大事ということで大変なご苦労をされ一生懸命やっておられます。しかし、言い方が悪いですが、「蝙蝠外交」、すなわち両方にいい顔をするというのは、もう限界が来ています。現在、日露関係の交渉というのは完全に止まっています。




(5)日本がとるべき対応




   結論になりますけれども、私の見るところ、ウクライナ危機が起きた時から、日本が世界に向かってやりうる外交、唯一以下のようなことしかなかったのではないかと思い、去年の2月から出来る限りいろんなところに書いたり話したりしています。




   まず、しばらく領土問題を忘れる、ウクライナの問題が2月に起きた時、日本にはG7と日ロの二つの価値があるのでこの両方をやろうとしましたが、両方は無理なのです。領土問題はしばらく忘れ、地政学と歴史に照らしてロシアの大国としての地政学、そして彼らの歴史的なDNA、そういうものを勘案するとウクライナをヨーロッパとロシアの間の緩衝国家として育てていくことしかない。一つの結論として、ウクライナのNATO加盟はあり得ないというウクライナの世界問題についての意見を堂々と言うことが必要でした。私も雑誌『世界』に今日お話ししているような意見を二回発信しました。この内容については、先程申し上げたシカゴ大学のミアシャイマーがフォリン・アフェアーズの9月号にもはっきり書かれており、その記事は、リアリズムに裏打ちされて本当によく書かれていました。これをサポートしたのがキッシンジャーです。




15





   今まで申し上げた状況があるにもかかわらず、対ロ制裁をかけたために、ロシアを中国に押しやってしまいました。去年1年間で国際政治の中で起きた最も驚くべきことは、ただでさえ力が強くなっていると見える中国に、ロシアがものすごい勢いで押し寄せられたということだと思います。それは、去年の5月の上海のCICA「アジア相互信頼醸成会議」におけるプーチンの動き、それからその直後に結んだ中国との巨大な天然ガスの売買契約、その後のAIIBに対するロシアの参加等、去年1年間のロシアの中国寄りになったその姿勢は際立っています。




   ウクライナでロシアを叩きすぎた結果、ユーラシア大陸に初めて北京―モスクワ枢軸、それに核問題が絡むと、下手をすると、北京―モスクワ−テヘラン枢軸らしきものが、去年の一年の間にその以前と比べるとはるかにハッキリした形で出てきています。これは西側の利益にならない、オバマの利益にならない、ヨーロッパの利益にならない、ということをはっきり言うべきと思います。それを言えば、ロシアの方から領土問題やりましょうと言ってくると思います。




   今私が申し上げたようなことを日本がアメリカに言えるか、これには体力が要ります。今の日米関係、或は安倍・オバマ関係はこれを言ってオバマが聞くというほどいいとは言えない状況です。この議論の中に北方領土は一言も出てこない、ウクライナの世界問題という観点で「これ」が西側の利益だと、「これ」がG7の利益だということをある意味で堂々と言うことによって、結果として領土は動いてきますが、そのことを言えなかったら動かないと思います。








16





   最近では日露関係が更に冷えたのは、5月8日の戦勝記念日に行かなかったことです。メルケルも、パレードには行かなかったけれどもパレードの次の日には行っています。ケリーも、その2日後に行って、プーチンと4時間、それからラブロフと4時間話して堂々とウクライナその他の問題を話しました。安倍総理も5月8日にはパレードに行かなくても、前にせよ後にせよ、モスクワに行くというオプションは十分あって官邸は最後まで検討していましたがどうしてやめられたのでしょうか、ここに行っていればあと打つ手がいくつもあったと思います。どうして日本の総理や外務大臣は本当に習近平の独り舞台にしないというオプションがあったのに行かなかったのかということを大変疑問に思います。これで終わります。




6.意見交換、挨拶




   大変ありがとうございました。先生方から何かありませんか?


   私は99%、大賛成です。本当にロシアに行くべきだったと思います。


   最後に玄葉副会長の方からお礼のお言葉をお願いします。








   久しぶりに東郷節を聞かせて頂きありがとうございました。


   皆さんの会費の中から少しですがお礼とさせていただきます。大変ありがとうございま   した。




17





日米欧総合安全保障議員協議会会報


27−2号


平成27年度年次総会・記念講演会施報告




T 年度総会


U 記念講演会


演題:『ウクライナ問題を巡るロシアの地政戦略と日米欧の対応』


講師:元在オランダ大使   東郷 和彦 氏




平成27年5月15日(金)12:00 〜 12:55


衆議院第一議員会館地下1階「第二会議室」


開会挨拶・司会:長島幹事長兼事務局長


閉会挨拶:玄葉副会長




平成27年5月




発行者 日米欧総合安全保障議員協議会




会長 衆議院議員  中谷 元


東京都千代田区永田町2-2-1  衆議院第二議員会館1222号


Tel 03-3508-7486    Fax 03-3592-9032




幹事長   衆議院議員    長島 昭久


東京都千代田区永田町2-2-1  衆議院第一議員会館510号


Tel 03-3508-7309   Fax 03-3508-3309


事務局長      幹事長が代行




18