日米欧総合安全保障議員協議会


日米欧総合安全保障議員協議会

TOP

概要

役員

会員名簿

規約

最新情報

勉強会

今後の予定

会報


北大西洋条約機構国会議員会議
(NATO-PA)

概要

交流実績

NATO Parliamentary Assembly

NATO


            


日米欧総合安全保障議員協議会  NATO Parliamentary Assembly


27−1号


会報


第2回議員交流計画実施成果報告

 平成27年3月9日(月)、政策研究大学院大学(GRIPS)との共同事業として初めて、まず日本においてNATO PA議員との議員交流が実施されました。


 今回の第2回議員交流計画では、4月29日及び30日の2日間にわたり、わが方から訪欧し、ベルギー王国ブリュッセルにおいて議員交流を実施いたしました。


 本訪欧は、NATO PAからの支援により、NATO PA事務総長、アジア関係シンクタンク研究者、欧州評議会アジア・日本担当官、ベルギー議会上院議員及びNATOの副事務総長、科学委員長、軍事委員会副委員長等との懇談・意見交換の場が設定され、日本からの議員の来訪は久し振りのようであり、先方はその懇談に大いに満足してくれました。


参加会員が、自民党の元外務委員長・元防衛政務次官経験者であり、また、民主党からは元防衛政務官であり、かつ、シャドー・キャビネットの防衛大臣でもあり、日本の外交、安全保障について、大変活発な意見の交換が行われました。


 なお、発言内容につきましては、チャタム・ハウス・ルールを適用することとされました。


 新たに計画・実施されております「議員交流計画」につきまして、会員の皆様のご参考に供したく配布いたします。


                    平成27年5月


      日米欧総合安全保障議員協議会

              事務局長  長島 昭久 衆議院議員




目 次


1.第2回議員交流計画の概要                             1

(1)経緯

(2)訪欧議員団の構成

(3)日程

(4)事前準備内容


2.行動の概要                                2

(1)NATO PA本部訪問                            2

(2)アジア関係シンクタンク研究者との意見交換            3

(3)欧州委員会及び欧州対外行動庁における意見交換      3

(4)NATO PA 主催夕食会                      4

(5)ベルギー上院議員との懇談                    4

(6)NATO本部訪問                        5


3.所見                             6



1.第2回議員交流計画の概要

(1)経緯


   3月9日実施された第1回議員交流は、政策研究大学院大学の依頼により当議員協議会事務局が主として調整を進め計画を作成した。訪日団は、議員3名(蘭、英、仏)及び随行者1名で構成し、日米欧総合安全保障議員協議会事務局長との懇談、総理官邸表敬、会員とのワーキング・ランチ、GRIPSにおける講義/シンポジューム、防衛大臣表敬及び送別懇親会を実施した。


   今回の第2回議員交流は、これに対するレシプロカル的な性格を有し、NATOPA 事務局による訪問計画の立案のもと、これに従い関係各所を訪問し、安全保障、外交問題及びわが国最新の防衛問題について懇談した。


(2)訪欧議員団の構成


     三原朝彦 衆議院議員 自民党


     大野元裕 参議院議員 民主党


     角南 篤 政策研究大学院大学教授、学長特別補佐


     二宮隆弘 事務局次長


(3)日程

  4.28(火) 各個にブリュッセルへ移動

  

    4.29(水) 

    09:30〜11:00  NATOPA本部

    11:30〜13:00   在ブリュッセルアジア・日―NATO、                         日―EU専門家との会談

    13:15〜14:30    ポパ副事務総長主催昼食会

     15:00〜16:00    欧州委員会、欧州対外行動庁との懇談

      19:00〜        ポパ副事務総長主催夕食会

  

    4.30(木)

       10:00〜11:30    ベルギー上院議員との懇談

     12:30〜13:45    公共外交担当副事務総長主催昼食会

                                                     (ワーキング・ランチ)

        14:00〜                NATOの抱える政治問題に関する懇談

        14:30〜              日―NATOパートナーシップに関する懇談

        15:30〜          科学顧問との懇談

        16:15〜          NATOの行動・日本の支援に関する懇談

        19:00〜          現地公館幹部との懇談


      5.01(金) 各個に次の目的地に移動又は帰国


1



(4)事前準備内容

氏名
主たる準備事項
三原 朝彦
防衛安保

不安定地帯        ウクライナ
                     中東地域の不安定
                     東シナ海と中国の膨張

日米同盟           集団安全保障
                           相互主義へ
大野 元裕
サイバー防衛        DIIと防衛隊

中東問題  

2.行動の概要

(1)NATO PA本部訪問

4月29日(水)09:30 〜11:00


   ホブス事務総長、ポパ副事務総長(政策担当)、ブリダル科学技術委員会事務局長の出席を得て、懇談が開始された。


   先方の「NATO PA の使命」に関する説明の後、当方から「日本の防衛政策の改革と優先度」、「日本―NATO関係」及び「NATO PAとの関係」についての説明があり、相互に真剣な意見交換が行われた


   この直後、ホブス事務総長は、ピエール・クラウド・ノーリン前財務官(加)の告別式参加のためにカナダへ出発された。大使館から公使が同席された。



ホブス事務総長と懇談する一行?


2



(2)アジア関係シンクタンク研究者との意見交換

4月29日(水)11:15〜13:00

    テレサ・ファロン アジア関係欧州研究所主任研究員、エレナ・アタナソバー・コーネルス ルーベン大学講師、アントワープ大学講師及びケント大学ブリュッセル校国際関係論客員教授及びステファン・クロス在ブリを実施した。         



ポパ副事務総長の司会によるアジア専門家との懇談


当方から、「日本の外交・防衛政策の優先度」、「日本とNATO及びEUとの関係」及び「全地球的・地域的安全保障への挑戦に対する日本の見解」についての簡単な説明の後、意見交換に移った。大使館から公使が同席された。


(3)欧州委員会及び欧州対外行動庁における意見交換

4月29日(水) 15:00〜16:00

   クリストフ・ヴィズナー日本担当公使及びジュリアン・ウイルソン日本、韓国、豪州及びニュージーランド担当官の出席を得て、NATO PAからポパ副事務総長、ブリダル科学技術委員会事務局長及びザッハ政治委員会事務局長の同行支援とEU代表部から一等書記官の同席を得た。

   当方からの、「日本の外交・安全保障政策の優先度」、「日本とEU との関係」及び「全地球的・地域的安全保障への挑戦に対する日本の見解」についての簡単な説明の後、意見交換に移った


   しかしながら、議論は日本に及ぼす中国の巨大な影響とそれに対して欧州への影響の薄さが中心となり、また、サイバーの問題も提起された。


EC EEASの担当者



プレゼンをする三原議員


3




(4)NATO PA 主催夕食会


4月29日(水)19:00〜


    ホブス事務総長の突然の出張によりポパ副事務総長主催の夕食会となった。翌30日訪問するNATOから、クリスチャン・メザロス政治安全保障部協調・パートナーシップ・協力課員の参加を得ての会となった。会場で法務省大臣政務官であるわが会員議員と会合する等予想外のハプニングもあった。    




ポパ副事務総長と懇談する大野議員


(懇談の内容は中東の宗教)


(5)ベルギー上院議員との懇談


4月30日(木)10:00 〜11:30


   議員事務所からの迎えのスタッフのベルギー議会内の案内により議会一般に関する一応の知識を得た後、国境なき医師団のメンバーでもあるデステックスエ・ベルギー上院議員との懇談となった。


   三原議員のアフリカについての関心及び中国の勃興についての意見開陳の後、大野議員からアフリカ・中東情勢を含み日本の安全保障環境についての説明があった。以降、防衛駐在官の同行支援もあった。




ベルギー議会入口の訪問団






懇談会場にて


(左から3人目:デステックスエ・ベルギー上院議員)


4




(6)NATO本部訪問  


4月30日:12:00 〜17:30





NATOの正門






道路の反対側に建設中の新本部庁舎






ア エドモンド・ホワイトサイド NATO公共外交担当副事務総長 主催のワーキング・ラ ンチ


4月30日:12:30〜14:0


   昼食間、ホワイトサイドNATO公共外交担当副事務総長は、ほとんどの時間を使ってNATOの現状を説明した。NATOの活動に関する一般大衆からの支持の確保についての質疑があった。



中央:エドモンド・ホワイトサイドNATO公共外交担当副事務総長


イ NATOの抱える政治問題、

     特にウェールズ・サミット以降

4月30日:14:00〜


     ゾルト・ラバイ公共外交課実行班計画官による説明と懇談が行われた。


ウ NATO-日本の関係からのパートナーシップ政策     

4月30日:14:30〜


   クリスチャン・メザロス 政治安全保障部協調・パートナーシップ・協力課員による説明と懇談が行われた。




説明するクリスチャン・メザロス政治安全保障部協調・パートナーシップ・協力課員


エ アルベルト・ウスニュー科学顧問 

     ベルギー空軍少将

4月30日:15:30 〜16:15


   NATOの科学技術政策について説明、懇談を実施した。NATO軍を強くするためで同盟国のみならずパートナー国との協力も視野に入れている。特にイノベーションを重視している。サイバー関係のタリン会議への参加を呼びかけられた。


オ マーク・O・シスラー軍事委員会副委員長

    米空軍中将


4月30日:16:15〜17:15


   2003年から2005年まで横田の輸送航空団司令を経験しており、日本の防衛・安全保障については一応の見識を有している。日本はアジアにおいてのみならず世界のパートナーとして重要な地位にあると述べている。日本有事の際のNATOの対応、TPPの問題、サイバー対処等の問題にも言及された。」


5



3.所見

(1)時宜に応じた企画


   政策研究大学院の依頼による学際的な欧州の議員との議員交流計画ではあるが、政治的に見て、わが国を取り巻く現在の安全保障環境を考慮すると孫子の遠交近攻政策を展開する上でうってつけの計画とも言える。参加の各議員はそれぞれの主張を相手側に明確に伝え、わが国の立場を明瞭に伝達されたものと考える。


(2)NATOが日本との協調を

          強化しようとしている理由


   欧州諸国の最大の関心事項はウクライナ問題である。ロシアの強烈な軍事力による介入は、欧米諸国にロシアの外交政策に対する不信感を醸成した。即ち、東方からの挑戦である。米国の軍事力がアジア太平洋にシフトしている現在、アジアの大国日本との協調を求めるのは肯定できる。他方、日本は、韓国の竹島占拠に加え、中国による尖閣諸島への圧力に晒されており、安全保障環境が悪化しているという状況にある。このような地政学的要請に加え、国際法に対する側面からも日本―NATOが更に一層の連携を必要とする理由がある。


(3)日本とベルギー議会との希薄な関係


   行政府関連のNATOと我が国との関係は強化されている。NATO担当大使、防衛駐在官、NATO本部への女性自衛官の配置等である。今回、訪問したベルギー上院では、久方ぶりの日本議員の訪問として歓迎された。ゴールデンウイークにおいては議員の外遊がおこなわれているが、NATO PA議員等との活発な議員外交ができるよ議会としても可能な支援を実施していきたい。


(4)イノベーションの重視


   前回、GRIPS の要請によりNATO PA においてサイバー関係の特別報告書をまとめた議員報告者を招聘した。今回もGRIPSからの同行者はイノベーションの担当である。経済のみならず軍事面においてもイノベ?ションを避けては通れない。特にサイバー面での国際会議の紹介があり、これへの参加を招聘されたことに加えて、ウェ−ルズ・サミットにおけるサイバ−分野での集団的自衛権適用の背景及びNATOの戦略的あいまいさの説明等、参加の意義はあったものと考える。


6



(5)欧州連合軍最高司令部(SHAPE)訪問の取りやめ


   一時期SHAPE訪問の調整がなされたが、直前になって実現しなかった。理由は、国の定めた秘密保持資格を有しないということであった。わが国のように、国会は公開討議が原則であり、秘密討議はあり得ないところには、外国で採られる外交、安保、軍事の秘密取扱い議員指定の発想は起こりえない。


   日本のシステムでどの資格がNATO PAの基準である当該資格にあたるのか、また、日本のその資格がNATO PAと共通性を有するのか確認を要する。


(6)関係者への謝意と今後の対応


   NATOPA の関係者の協力を得た。その協力なくしては実現しなかったであろう。ここに深く感謝の意を表明する。


   今後の議員交流においては、今回の実施が前例となり企画が容易となる。特に実施時期については今回の時期が最適のものと思われる。是非とも継続して行きたい。NATO加盟国のみならず、その他の国の議員との意見交換等を通じ、世界的な視野で相互理解を進め、より緊密な議員関係を築かれることが期待される。




庁舎入口から正門方面を背景にした記念写真


左から、ザッハ、ブリダル、大野、二宮、

三原、細川、角南、ポパの諸氏

(撮影は禁止、この写真はNATOが撮影・提供したもの、

                    右奥に建設中の新庁舎が見える。)


7



日米欧総合安全保障議員協議会会報


27−1号




第2回議員交流計画成果報告




平成27年5月




発行者    日米欧総合安全保障議員協議会




会長  衆議院議員  中谷 元


東京都千代田区永田町2-1-2  衆議院第二議員会館1222号室


Tel 03-3508-7486  Fax 03-3592-9032




幹事長   衆議院議員    長島 昭久


東京都千代田区永田町2-2-1  衆議院第一議員会館510号室


Tel 03-3508-7309   Fax 03-3508-3309




事務局長      幹事長が代行




8